ニュース&レポート

ルパン三世 スピンオフ第2弾は次元が主人公『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』公開決定

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2012年にテレビシリーズとして登場し、人気を博した「LUPIN the third ~峰不二子という女~」で作画監督も担当した小池健が、満を持して監督に挑む新作「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」の期間限定特別上映が決定した。
ルパン三世 スピンオフ第2弾は次元が主人公『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』公開決定

2012年4月、27年ぶりのテレビシリーズとして登場した「LUPIN the third ~峰不二子という女~」。テレビスペシャル版のはじけた明るさと異なる、モンキー・パンチの原作に漂うアダルトでエロティックなテイストを存分に生かして、峰不二子を主役に配し、大胆な解釈で若かりし5人の出会いと活躍を描いた。

その「峰不二子という女」で、ルパンの魅力を存分に発揮したキャラクターデザインを生み出し、作画監督も担当したのが、海外でも絶大な人気を誇るトップクリエイター、アニメーション監督の小池健(代表作『REDLINE』)。そして、その小池健が満を持して監督に挑むのが、『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」。前作「峰不二子という女」に続くスピンオフ第2弾として美しい舞台設定と魅力的なキャラクターたちが観る者を酔わせる、ルパンファンの期待を裏切らない、よりハードボイルドな小池ワールドが誕生する。

小池健(監督・演出・キャラクターデザイン)コメント
ルパンと次元がどうやって相棒になっていったかを描いてみたかったので、今作の『次元大介の墓標』では、ルパンはワルではあるけれど、「盗む」という行為に託して自分の作戦を練っていく。一方、次元は非常に高い技術をもった孤高のガンマン。このふたりの組み合わせ妙や、チームが形成されていく過程を表現できればと思い制作しました。

浄園祐(プロデューサー)コメント
原作から続く、元来ルパン三世が持っているエッジの効いた表現、空気感を意識して、小池監督、そして制作スタッフ陣と共に『次元大介の墓標』を作り上げました。『峰不二子という女』以降、新しい、カッコいいルパン三世をスピンオフでも作り続けたいと思っています。「このルパンを待っていた!」と感じて頂ければと思います。


『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』
原作:モンキー・パンチ
監督・演出・キャラクターデザイン:小池健
脚本:高橋悠也
音楽:ジェイムス下地
プロデューサー:浄園祐
声の出演:栗田貫一、小林清志、沢城みゆき、山寺宏一
公式サイト:jigen-movie.com
原作:モンキー・パンチ(C)TM S

2014年、初夏 新宿バルト9にて期間限定特別上映
2014年3月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』
2014年6月21日(土)~27日(金)新宿バルト9にて期間限定特別上映
公式サイト:http://jigen-movie.com