ニュース&レポート

全世界9200万部のベストセラー『マジック・ツリーハウス』が映画化。2012年1月7日公開決定!

マジック・ツリーハウス

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
1992年にアメリカで発行され、全世界で9200万部を売り上げている大ベストセラー「マジック・ツリーハウス」が、日本でアニメ映画化が決定。2012年1月7日(土)より公開されることが発表された。
全世界9200万部のベストセラー『マジック・ツリーハウス』が映画化!2012年1公開決定

作者のメアリー・ポープ・オズボーンが1992年に発表した「マジック・ツリーハウス」は、子どもたちのクチコミで火がつき、各地の学校や図書館で貸し出しが順番待ちになるほどの大人気になったという児童書シリーズ。2011年3月までに45巻刊行されており、子どもの読書運動を推し進める教員や保護者の間で評価が高まり、今では全世界で9200万部という大ベストセラーに。日本でも2002年3月の初版以来、2011年3月までに29巻330万部を超える大人気シリーズとなっている。

物語は、仲よし兄妹のジャックとアニーがある日、森の木の上にあるふしぎな小屋を発見。それは、自由に時空を超えあらゆる場所へと移動することができる魔法のツリーハウスだった。2人はここで、ネズミの姿に変えられてしまったモーガンと出会い、モーガンを救うために、4つの国に隠されたメダルを集めることになる…という、幼い兄妹の勇気と冒険を描いたストーリー。

今回の映画化では、世界中から映画化のオファーが殺到する中で、作者のメアリー・ポープ・オズボーンが日本原作のオリジナルイラストを気に入り、日本に初めて映画化権を承諾したというもの。

映画化にあたっての布陣は、以下の通り。

監督:錦織 博(「かいけつゾロリ」)
脚本:大河内一楼(「コードギアス」シリーズ、『ブレイブ ストーリー』)
キャラクター原案:甘子彩菜(「マジック・ツリーハウス」原作イラスト)
キャラクターデザイン・総作画監督:柳田義明(「おまえうまそうだな」)
美術監督:水谷利春(『AKIRA』、『ピアノの森』)
音楽:千住明(日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞『黄泉がえり』『愛を乞うひと』)
配給:ギャガ

映画『マジック・ツリーハウス』は、2012年1月7日(土)より新宿ピカデリーほか全国で公開される。

(C) メアリー・ポープ・オズボーン/「マジック・ツリーハウス」製作委員会
2011年3月8日
『マジック・ツリーハウス』
2012年1月7日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト:http://magictreehouse.jp/