ニュース&レポート

北大路欣也、『マラヴィータ』ナレーションで大興奮!TVスポットが解禁

マラヴィータ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
マーティン・スコセッシ製作総指揮、ロバート・デ・ニーロ主演、リュック・ベッソン監督による痛快エンターテインメント『マラヴィータ』。11月15日(金)の公開を前に本作のTVスポットが完成。このナレーションを北大路欣也が務めていることがわかった。
北大路欣也、『マラヴィータ』ナレーションで大興奮!TVスポットが解禁

『タクシードライバー』『グッドフェローズ』といった名作を世に送り出し、ハリウッドの黄金コンビと謳われた巨匠マーティン・スコセッシと名優ロバート・デ・ニーロ。そして、『レオン』『グラン・ブルー』で知られるヒットメーカー、リュック・ベッソン監督。この豪華すぎる3人が初のコラボを果たし、かつて誰も観たことのない“ファミリー”を主人公に、奇想天外なスリルとユーモアで魅せる痛快エンターテインメント『マラヴィータ』が、11月15日(金)より公開となる。

11月9日(土)より放映される本作のTVスポットでは、名優・北大路欣也がナレーションを務める。ロバート・デ・ニーロと北大路は同い年で、“70歳の名優同士”という共通点がありオファー。今回デ・ニーロと声での共演が実現した。

北大路といえば、大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)での貫録ある頭取役が記憶に新しいところだが、今回のナレーションでは一転、テンションは最高潮と言わんばかりの軽快さで、「スッゲー!」と叫び、北大路の意外な一面を楽しむことができる。デ・ニーロやトミー・リー・ジョーンズというハリウッドの大物俳優の存在感に負けない、北大路の軽快で力強いナレーションで、ますます本編が楽しみになるスポットに仕上がっている。



本作を鑑賞した北大路は「好き!こりゃスゲエ!エンターテインメントとして、お客様が楽しむポイントをしっかり掴んでいて、プロフェッショナルの総決算という感じ」と、作品を大絶賛!ナレーション撮りでは、一場面一場面、「このシーンは最高だったね!」「ここも好きだな!」と興奮気味に語り、アドリブたっぷりに楽しみながら収録。デ・ニーロの演技については「『レイジング・ブル』を観たとき、その人間(デ・ニーロ)の持っている滾り(たぎり)みたいなものに圧倒された。」と、役者として一目置いていることを語った。

また、トミー・リー・ジョーンズのファンでもあったそうで、「昔、東京駅でバッタリ会ったんです。向こうから歩いてこられるのを僕が見つけて、もうファン心理で「握手お願いします」って言ったら、「OK!」と、握手をしてもらったんです。その時の手がごつくてねえ。あれはファンとしては忘れられないね」と意外なエピソードを披露。今回のナレーションについては、「好きな映画の仕事だし、映画には国境がない。やっぱりどの国でもいいものはいいし、楽しいものは楽しい。そんな中に、僕も声だけでも参加できたらいいなと思ったんです」と、声での共演を果たした喜びを語った。

本作は、“怒れる元マフィア”フレッドに扮したデ・ニーロが哀愁漂うパパの顔も演じ分け、フレッドの妻マギーにミシェル・ファイファー、一家を監視するFBI捜査官スタンスフィールドにトミー・リー・ジョーンズ、フレッドの娘ベルにTVシリーズ「glee/グリー」のクイン役でブレイクしたディアナ・アグロンを配した絶妙のアンサンブル・キャストも話題に。ブレイク一家が“ファミリー”の絆を試されるクライマックスには、豪快にして痛快なスペクタクル&アクションが炸裂している。
2013年11月8日
『マラヴィータ』
2013年11月15日(金)TOHOシネマズ有楽座他全国ロードショー
公式サイト:http://www.malavita.jp