ニュース&レポート

第13回アジア・フィルム・アワード『万引き家族』が作品賞・作曲賞をW受賞

万引き家族

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
3月17日(日/現地時間)、“アジア全域のアカデミー賞”と呼ばれるアジア・フィルム・アワードセレモニーが香港にて開催され、『万引き家族』が最優秀作品賞・作曲賞をW受賞した。
第13回アジア・フィルム・アワード『万引き家族』が作品賞・作曲賞をW受賞

第13回アジア・フィルム・アワードでは、『万引き家族』が作品賞、監督賞(是枝裕和)、主演女優賞(安藤サクラ)、助演女優賞(松岡茉優)、作曲賞(細野晴臣)、美術賞(三ツ松けいこ)の6部門でノミネートされ、作品賞と音楽賞を受賞。日本映画で作品賞受賞したのは、黒沢清監督の『トウキョウソナタ』以来10年ぶり、日本映画で音楽賞受賞をしたのは、久石譲の『崖の上のポニョ』以来10年ぶりとなった。

受賞を受けて是枝監督は、「謝謝(シェイシェイ)ありがとうございます。アジア・フィルム・アワードは賞の結果よりは本当に尊敬するアジアの映画人たちと再会をして交流を深めて、そういう時間が一番の目的だと本当に思ってこの場に来ているんですけれども、やはり賞をもらうと嬉しいものですね。ここに来られなかったスタッフとキャスト、昨年の9月に亡くなられた樹木希林さん、希林さんと最初に映画祭に参加したのがこの香港の映画祭だったという思い出があって、このことをさっき思い出してました。戻ったらお墓まいりをしてこの賞を報告したいと思います。ありがとうございました」

また、細野は「ありがとうございます、驚いています。ここにいられてとても嬉しいです。万引き家族の音楽はそれほど多く作曲したわけではないですが、とてもシンプルなものなのに、万引き家族のおかげで僕の音楽を見つけてくれてとても幸運です。これからもいっそう頑張ります。謝謝(シェイシェイ)!」と喜びのコメントを寄せた。

第13回アジア・フィルム・アワードでは、このほか役所広司が『孤狼の血』にて最優秀主演男優賞と、アジア映画界・アジア文化における業績と貢献を称えるExcellence in Asian Cinema Awardを受賞。塚本晋也監督が『斬、』にて最優秀編集賞を受賞し、日本映画勢が主要部門で多数最優秀賞に輝いた。
2019年3月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『万引き家族』
2018年6月8日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
公式サイト:http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku