ニュース&レポート

ヘンリー・カヴィル&ザック・スナイダー監督、『マン・オブ・スティール』を引っさげ来日決定!

マン・オブ・スティール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
すべてのヒーローの原点であるスーパーマン誕生の物語を描く『マン・オブ・スティール』。8月30日(金)の公開に先駆け、主演のヘンリー・カヴィルと本作を手掛けたザック・スナイダー監督らの来日が決定した。
ヘンリー・カヴィル&ザック・スナイダー監督、『マン・オブ・スティール』を引っさげ来日決定!

クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダー監督という夢のタッグで描く『マン・オブ・スティール』。本作は、6月に全米公開され、公開3日間で1億3000万ドル突破のオープニング成績を記録。全世界43ヵ国でも初登場1位を獲得し、すでに世界興行収入6億3000万ドルを突破するメガヒットを遂げており、続編製作もアナウンスされるほどの盛りあがりを見せている。

本作の日本公開は、8月30日(金)。この公開を前に、新スーパーマン一行の来日日程が正式に決定した。豪華来日メンバーは、初の英国人俳優として新時代のスーパーマンに大抜擢され、人間味溢れる主人公を繊細かつ情熱的に演じ切った、クラーク・ケント/カルー=エル役のヘンリー・カヴィル。本作を手掛けたザック・スナイダー監督、製作のチャールズ・ローブンとデボラ・スナイダーの総勢4名(予定)。

8月21日(水)には、六本木ヒルズ・アリーナで開催されるジャパン・プレミアイベントに登壇し、翌22日(木)には、都内会場にて来日記者会見に出席する予定。ヘンリー・カヴィルは今年の3月に初来日を果たしており、今回で2度目。ザック・スナイダー監督の来日は、2007年6月の『300<スリーハンドレッド>』のPR以来2度目となる。
2013年7月26日
『マン・オブ・スティール』
2013年8月30日(金)新宿ピカデリー他にて全国ロードショー