ニュース&レポート

スーパーマンの手に手錠が!『マン・オブ・スティール』衝撃のポスター画像公開!

マン・オブ・スティール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダー監督により、新たなスーパーマン誕生の物語を描く『マン・オブ・スティール』。本作のポスター画像が解禁され、スーパーマンが手錠をかけられ逮捕されるという衝撃的なビジュアルが明らかになった。
スーパーマンの手に手錠が!『マン・オブ・スティール』衝撃のポスター画像公開!
日本でも<S>マークのシンボリックなデザインが絶大な認知を誇るスーパーマンは、ファッションアイテムやグッズなど様々な商品に反映される程の大流行。本作では、75年の歴史を覆し、タイトル、コスチュームを一新。画像が公開されるや否や大きな話題となり、海外で予告編が解禁されるとワーナー・ブラザースの公式youtubeアカウントでは2475万回(12/26現在)視聴されるなど、全世界で注目を集めた。この数字、2012年最も視聴された映画予告編に選ばれた『ダークナイト・ライジング』が7か月かけて記録した約2600万回を数日で抜く勢いで、異常ともいえる過熱ぶりをみせている。

先日公開された予告編では、スーパーマンが「父はこう信じていた 世界はまだ 本当の僕を受け入れられないと そうだろうか?」と育ての父ジョナサン・ケントの言葉を反芻するが、今回公開となったポスターにはまさに父の心配が最悪の結果となってしまったかのように、手には手錠、そして周りには戦闘服を着た軍人のような人物が脇を固め、スーパーマンを演じたヘンリー・カヴィルが連行されるという異常事態が描かれた。<スーパーマンが悪の手に染まった結果なのか?><なにかの陰謀で捕まったのか?><その力を受け入れられず人類の敵と見なされたのか?>など様々な憶測を呼ぶこのポスタービジュアルからは、ただのヒーロー映画ではないという強いメッセージを感じずにはいられない。
2012年12月28日
『マン・オブ・スティール』
2013年8月30日(金)新宿ピカデリー他にて全国ロードショー