ニュース&レポート

新生スーパーマンのビジュアルが解禁!新コスチュームはダークブルーのスーツ『MAN OF STEEL(原題)』

MAN OF STEEL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2013年に公開を予定している、ザック・スナイダー監督、クリストファー・ノーラン製作の新スーパーマン映画『MAN OF STEEL(原題)』のビジュアルが解禁。誕生から73年にして、従来の全身青色タイツから一新、立体感のあるダークブルーのスーツを身に纏っていることが明らかになった。
新生スーパーマンのビジュアルが解禁!新コスチュームはダークブルーのスーツ『MAN OF STEEL(原題)』

全米で2013年6月14日、日本では同年公開を予定している、映画『MAN OF STEEL(原題)』。監督に『300 〈スリーハンドレッド〉』『ウォッチメン』のザック・スナイダー。クリストファー・ノーランが製作に名を連ね、ジェリー・シーゲルとジョー・シャスターが生み出したDCコミックを基に、物語をノーランと脚本家のデヴィッド・S・ゴイヤーが手掛けている。

主人公のスーパーマンには、『インモータルズ 神々の戦い』のヘンリー・カヴィルが抜擢されたほか、エイミー・アダムスが、デイリー・プラネットの記者ロイス・レインを演じ、ローレンス・フィッシュバーンが副編集長のペリー・ホワイトに扮する。クラーク・ケントの養父母、マーサとジョナサンには、ダイアン・レインとケビン・コスナー。

ほかに、クリプトン人の生き残りとしてスーパーマンに戦いを挑むゾッド将軍を、マイケル・シャノン、その邪悪な相棒ファオラにアンチュ・トラウェ。スーパーマンの実母にジュリア・オーモンド、実父にラッセル・クロウ、アメリカ軍スワンウィック将軍をハリー・J・レニックス、ハーディー大佐をクリストファー・メローニーが演じる。

『MAN OF STEEL(原題)』で装いも新たになったコスチュームは、従来の全身青色タイツ姿から、アメリカンフットボールのプロテクターのような立体的なビジュアルに一新。色は深みのあるダークブルー、トレードマークの「S」字のロゴもメリハリのあるデザインになっている。

本作は現在製作中で、ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズ(ワーナー・ブラザーズ・エンターテイメント・カンパニー)が全世界で配給する。

(C) Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
2011年8月19日
『マン・オブ・スティール』
2013年8月30日(金)新宿ピカデリー他にて全国ロードショー