ニュース&レポート

美しい魔法がいっぱい!『メリー・ポピンズ リターンズ』予告編&ポスタービジュアルが解禁

メリー・ポピンズ リターンズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1964年に公開された映画『メリー・ポピンズ』のその後を描いた映画『メリー・ポピンズ リターンズ』(2019年2月1日公開)の予告編とポスタービジュアルが解禁された。
美しい魔法がいっぱい!『メリー・ポピンズ リターンズ』予告編&ポスタービジュアルが解禁
『メリー・ポピンズ リターンズ』は、P.L.トラヴァースの小説「メアリー・ポピンズ」を基に1964年に公開され、アカデミー賞13部門ノミネート&5部門受賞した映画『メリー・ポピンズ』の20年後を描いた物語。メリー・ポピンズをエミリー・ブラントが演じるほか、マイケル・バンクス役にベン・ウィショー、そしてメリル・ストリープ、コリン・ファース、ディック=ヴァン・ダイクらハリウッドスターが名を連ねる。

監督は「僕は映画『メリー・ポピンズ』を愛している。あまりにも愛しているので他の人に任せたくなかった」と熱く語るロブ・マーシャル監督(『シカゴ』『パイレーツ・オブ・ カリビアン/生命の泉』)。

舞台は、前作から20年後。バンクス家の長男マイケル・バンクスは、今では家族を持つ親となり、父や祖父が働いていたロンドンのフィデリティ銀行で臨時の仕事に就いていた。しかし、大恐慌時代のロンドンでは金銭的な余裕がなく、更にマイケルは妻を亡くしたばかりで家の中も常に荒れ放題。バンクス一家は窮地に追いやられていた。

そんな時、空から舞い降りたのは、魔法使いのメリー・ポピンズ。映像では、昔と変わらない姿で登場した彼女に驚いたマイケルが「君は歳をとらないのかい?」と思わず質問してしまい「女性に歳を聞くなんて!私の教育が甘かったかしら」とメリー・ポピンズからビシッと叱られてしまう。

さらに母親を亡くした悲しみと不安を抱える3人の子どもたちへ「消えてなくなるものなんてひとつもない」と歌いかけるメリー・ポピンズが魅せるのは、カラフルで“美しい魔法”の数々。ボウルに描かれたミュージックホールの世界で歌とダンスを楽しみ、バスタブの底から神秘的な海中探検へ!日常をカラフルに変えていく彼女の魔法により、悲しみから抜け出せずにいるバンクス家は“人生を楽しむこと”そして“人生には不可能な事など無いこと”に気づいていく。子供たちと同じ目線に立ち、厳しくも優しく包み込むメリー・ポピンズの魔法は、観る者の日常をハッピーにして くれること間違いなしだ。

2018年11月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加