ニュース&レポート

映画『メリダとおそろしの森』日本語版エンディングソングに坂本美雨が決定

メリダとおそろしの森

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
7月21日(土)より公開されるディズニー/ピクサー最新作『メリダとおそろしの森』。本作の日本版エンディングソング「いにしえの子守歌」を、坂本美雨が担当することが発表された。
映画『メリダとおそろしの森』日本語版エンディングソングに坂本美雨が決定

映画『メリダとおそろしの森』は、ピクサー作品初の女性主人公のおとぎ話。自由を愛する王女メリダが勇気を振り絞って森と立ち向かい、王女としての自覚に目覚め成長していく姿を描いたファンタジー・アドベンチャー。

日本語版エンディングソングの「いにしえの子守歌」は、メリダと母の王妃エリノアが2人で歌う子守歌で、「森の魔法」のせいで熊に姿を変えられた母と、彼女を助けようとするメリダがお互いの絆を確かめ合う重要なシーンの挿入歌としても使われている。坂本はこの楽曲を母親と娘、両方の役柄を演じるセルフデュエットで、見事に歌い分ける。

今回の起用は、坂本の神秘的でクリアな“歌声”に日本サイドのスタッフが注目。坂本の曲を本国に送ったところ、ディズニー/ピクサーの音楽担当責任者の大絶賛受け実現したという。坂本龍一を父に、矢野顕子を母に持ち、自らもミュージシャンとして活躍する坂本美雨が、ハリウッド映画の曲を歌うのは今回が初めてのこと。

坂本は、「大好きなディズニー/ピクサー映画にこういった形でかかわれることが何よりも嬉しいし、歌手になってから、子守歌を歌いたいとずっと思っていた」と今回の決定に喜びを隠せない様子。「懐かしい景色やにおいが蘇る美しい曲。愛しい人を一心に想う気持ちで歌いました」と、楽曲へ込めた想いを語り、「無邪気な子供に戻った気持ちと見守る母の気持ちの歌い分けは、子供になった自分とのデュエットという不思議な体験でした」と振り返っている。
2012年6月1日
『メリダとおそろしの森』
2012年7月21日(土)2D/3Dロードショー
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/merida/