ニュース&レポート

あのテーマ曲が布袋色に染まる!『ミッション:インポッシブル』と布袋寅泰が豪華コラボ!

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
12月16日(金)より公開される、全世界待望のシリーズ最新作『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』。本作の日本公開を記念し、メインテーマ曲をギタリストの布袋寅泰がアレンジすることが発表された。
あのテーマ曲が布袋色に染まる!『ミッション:インポッシブル』と布袋寅泰が豪華コラボ!
トム・クルーズ主演の人気シリーズ第4弾『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』は、“超A級スパイ”イーサン・ハントが、ドバイ、モスクワ、ムンバイ、ブタペスト、バンクーバーを舞台に、史上最大・最難関のミッションに挑むスパイ・アクション超大作。

配給元のパラマウントは、シリーズ4作目の宣伝展開に、“トム・クルーズ”と並び映画の顔である“テーマ曲”を使い、日本全国に届く圧倒的でインパクトのあるアプローチを検討。そこで、布袋寅泰による楽曲アレンジを思案し、このアイデアを本国へ打診。するとハリウッドのプロデューサー陣も、『キル・ビル』での布袋の楽曲を知っており、今回のアイデアに対して、「グレイト!」と絶賛。布袋サイドも快諾し、実施の運びとなった。

今回のタイアップに関して布袋は、「話が来た時は、「やった!」と思った。『ミッション:インポッシブル』のテーマは、映画ファンだけに止まらず、多くのファンに愛されている名曲中の名曲なので、それを傷つける訳にはいかない。その反面、僕にこのミッションを与えて頂いたからには、やっぱり布袋色に染めたかった」とコメント。

今年アーティスト活動30周年を迎える布袋は、同じく今年ハリウッドデビュー30周年となったトム・クルーズに関して、「とても不思議なご縁だと思います。30年というのは決して短い期間ではないし、でも自分的にはあっという間だった。多分トムもそうだと思います。そんな中、色々な試行錯誤をしながら、トムは映画に対する愛情、僕は音楽に対する愛情を失うことなくやってきた。そんな我々がこの作品で巡り合えたというのは、僕にとってはとても光栄です」と語っている。

布袋が手がける楽曲は、TVスポットや様々なプロモーションで起用される予定だ。
2011年10月18日
『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』
2011年12月16日(金) TOHOシネマズ 日劇ほか全国超拡大公開
公式サイト:http://www.mi-gp.jp