ニュース&レポート

トム・クルーズの来日が決定!12月1日、27時間で4つのミッションに挑む!

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
トム・クルーズ主演、全世界待望のシリーズ最新作『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』。本作の12月16日(金)の公開を前に、トム・クルーズの来日が決定。トムの強い希望により、ワールドツアーのスタートに日本が選ばれた。
トム・クルーズの来日が決定!12月1日、27時間で4つのミッションに挑む!

全世界で累計14億ドル(1120億円)以上の興行収入をあげメガヒットを続ける“ミッション”・シリーズ。待望の最新作『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』では、“超A級スパイ”イーサン・ハントが、ドバイ、モスクワ、ムンバイ、ブタペスト、バンクーバーを舞台に、史上最大・最難関のミッションに挑む。

トムの来日は、「震災後の日本の方へ勇気を与えたい」と、親日家のトムの強い希望により決定したもので、劇中の舞台でもあるドバイでのワールドプレミアを含む、世界11ヶ国のワールドツアーのスタートを、12月1日(木)に日本で飾ることになる。当日は、映画さながらの一大来日イベントも用意されており、トムは、27時間という限られた時間の中で、以下の4つのミッションを遂行する。

【ミッション1】かつてない記者会見
映画の設定に合わせ、ドバイをイメージした、世界初のかつてない記者会見を決行。
(記者会見が行われるのは、ワールドプレミアであるドバイ以外は日本のみ)

【ミッション2】世界最初のファン・ミーティング
六本木ヒルズ アリーナにて大々的なファン・ミーティングを決行。
またトムの強い希望により、被災地 福島の方もご招待。

【ミッション3】世界最速のファン・スクリーニング
劇場にてファンを前にした世界最初の舞台挨拶を決行。
(ミッション2とミッション3を合わせ、2000人以上の一大ファンイベントとなる予定。)

【ミッション4】都内某所、誰も足を踏み入れたことのない場所への潜入
前作、『M:i:III』では新幹線の貸切や、お台場ジャックなどで日本を沸かせたが、果たして今回の特別ミッションは一体何なのか!?


さらに、併せて日本版の本予告編も解禁された。予告編では、監督のブラッド・バードがシリーズの大ファンという事もあり、イーサンがモスクワの街を歩くシーンやミッションを受け、命を狙われるシーンなどは第1作を想起させるほか、『M:I』シリーズ史上最も有名な<CIA本部潜入シーン>の宙吊りアクションを、今回初参加となるジェレミー・レナーが挑戦しているなど、ファンならずともニヤリするシーンが盛りだくさんとなっている。

予告編は、以下のページでご覧下さい。
■『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』作品情報
予告編ライブラリ
2011年11月14日
『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』
2011年12月16日(金) TOHOシネマズ 日劇ほか全国超拡大公開
公式サイト:http://www.mi-gp.jp