ニュース&レポート

二階堂ふみの大阪弁が可愛すぎる!『味園ユニバース』赤犬との絡みが笑える、特別映像解禁

味園ユニバース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
山下敦弘監督、渋谷すばる主演の映画『味園ユニバース』(2/14公開)より、ヒロインを演じる二階堂ふみの“大阪弁が可愛すぎる”特別映像が到着した。
二階堂ふみの大阪弁が可愛すぎる!『味園ユニバース』赤犬との絡みが笑える、特別映像解禁

本作は、大阪を舞台に、歌うこと以外の記憶を失った男“ポチ男”(渋谷)が、バンド・赤犬やそのマネージャー・カスミとの出会いをきっかけに、過去の記憶と向き合い、自らを見つめ直す姿を描いた人間ドラマ。

カスミを演じた二階堂が、大阪弁に挑戦したのは本作が初。自身も苦労したと語る大阪弁だが、本作をいち早く観た大阪出身のマスコミ関係者からは「まったく違和感がない」という絶賛の声が多数あがっている。

今回解禁された映像は、赤犬メンバーとカスミがライブの打ち合わせをするなか、遅れてやってきたボーカルのタカアキが、全治二か月の交通事故にあうことで、ポチ男をメンバーとして迎えようとするシーン。「はよ、曲決めてよ」「え!何!?」「歌え、ポチ男!歌わへんなら飯ぬく」と、二階堂の可愛すぎる大阪弁が炸裂!本映像のラストのカスミがタカアキを蹴るシーンは、思わず笑ってしまう一幕であり、表面的に気が強いカスミのキャラクターが伝わる萌えポイントでもある。さらに、本映像から赤犬が笑いをもたらす重要なポジションで出演していることも分かり、渋谷との絡みでもどう笑わせてくれるのかは気になるところだ。

本作は、俳優として高く評価されながらも、<歌い手>であることにこだわり続けていた渋谷が圧巻の歌声を披露することで話題であるが、渋谷と赤犬と二階堂の絶妙な絡みも見どころのひとつ。誰も予想できなかった組み合わせによって、どのような化学反応が起こっているのか、期待が高まる。

2015年2月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『味園ユニバース』
2015年2月14日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://misono.gaga.ne.jp/