ニュース&レポート

沖浦啓之監督の新作アニメ『ももへの手紙』声優に美山加恋、優香、妖怪役に西田敏行が決定!

ももへの手紙

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『人狼JIN-ROH』の沖浦啓之監督がメガホンをとった長編アニメーション作品『ももへの手紙』のボイスキャストが発表。主人公のもも役に美山加恋、その母親いく子役に優香、そして、妖怪“見守り組”リーダーのイワ役を西田敏行が務めることがわかった。
沖浦啓之監督の新作アニメ『ももへの手紙』声優に美山加恋、優香、妖怪役に西田敏行が決定!

映画『ももへの手紙』は、初監督作品の『人狼JIN-ROH』がベルリン国際映画祭に出品されるなど、国内外で高く評価されている“鬼才”沖浦啓之監督が7年もの歳月をかけて完成させた待望の新作。豊かな自然とやさしい人々が生きる、瀬戸内の小さな島を舞台に、父を亡くした主人公「もも」に訪れる不思議な日々を描いた家族の愛の物語。制作には、クエンティン・タランティーノ、ウォシャウスキー兄弟など、海外にもファンが多いプロダクションI.G。さらに『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『AKIRA』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』など、日本が世界に誇るアニメーション作品を手がけてきた最高のスタッフが集結するほか、主題歌を原由子が書き下ろす。

このほど発表されたボイスキャストは、主人公・もも役に、話題のドラマから映画まで数多く出演する若手実力派の美山加恋(みやま・かれん)。ももの母親・いく子役に優香。そして、ももが瀬戸内の島で出会う妖怪“見守り組”のリーダー格・イワ役を、ベテラン俳優・西田敏行が演じる。

沖浦啓之監督の新作アニメ『ももへの手紙』声優に美山加恋、優香、妖怪役に西田敏行が決定!
主人公・もも役に抜擢された美山は、「ももという重要な役柄で、不安と緊張もありましたが、何より楽しみで嬉しかったです。画の表情に合わせて感情を作ったり息遣いひとつでも変化をつけるのが大変でもあり、それぞれの場面で違いがあって楽しかったです」とアフレコを振り返り、映画について「見守り組との楽しいやりとりも見所ですが、お母さんのピンチに立ち向かうももの成長を見ながら何かを感じていただけると嬉しいです」とコメントを寄せている。

また、優香は、自身が演じたももの母・いく子について、「娘のために一生懸命がんばる強いお母さんで、見ていてとても気持ちの良い人」と語り、「『ももへの手紙』のキャラクターは、声がなくても感じられるような、表情がとても豊かで繊細です。その雰囲気を壊してはいけないとプレッシャーも感じつつやりました」。映画については、「この作品は、自分の気持ちを伝えることの大切さを教えてくれる、温かく、家族の関係がより良くなれるような作品です。映像もキャラクターたちも素晴らしくて見所もたくさんあります。ぜひご家族揃ってご覧ください」とコメント。沖浦監督は優香について、「明るい中に品があり、さらに人柄を感じさせるイメージ通りの声でした」と絶賛している。

沖浦啓之監督の新作アニメ『ももへの手紙』声優に美山加恋、優香、妖怪役に西田敏行が決定!
そして、「暑苦しいおじさんキャラだけどチャミングさが必要。芝居のリアリティとコメディを両立させるには西田さん以外に考えられない」と監督に言わしめ、妖怪=”見守り組”イワを演じた西田敏行は、「イワのルックスが何となく自分に似ているので、親近感を持ちました。かわいげのある、憎めないところも共通点でしょう(笑)現実にいて欲しい愛すべき妖怪たちです。グッズが出たら買います(笑)」と、自身の演じたキャラクターに愛着を感じている様子。さらに映画について、「この映像の素晴らしさ、努力と汗の結晶を、皆様もぜひスクリーンでご覧ください。「大切なことをちゃんと伝えよう」というテーマを、この作品は、声高にいうのではなく、“そうしようね”って優しく肩に手をかけてくれるように教えてくれる作品です。僕もこれからは、そういうふうにして生きていこうと思っています」と語っている。


『ももへの手紙』2012年4月21日(土) 丸の内ルーブル他全国ロードショー
配給:角川映画
(C) 2012『ももへの手紙』製作委員会
2011年11月17日
『ももへの手紙』
2012年4月21日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://momo-letter.jp/