ニュース&レポート

向井理が“非モテ男子”に!元ももクロ 早見あかり主演作、主題歌はWEAVERが担当!

百瀬、こっちを向いて。

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
ももいろクローバーの元メンバー早見あかりの初主演長編映画、『百瀬、こっちを向いて。』が2014年5月10日(土)より公開。本作で向井理が“非モテ男子”役で出演、主題歌をWEAVERが担当していることが明らかになった。
向井理が“非モテ男子”に!元ももクロ 早見あかり主演作、主題歌はWEAVERが担当!

高校卒業以来、久々に故郷に降り立った30歳の小説家・相原ノボル(向井理)。変わらない街並みに触れたノボルは、高校時代のある「嘘」思い出す…。15年前、冴えない日々を送っていたノボルはある日、学校一の人気者の先輩・宮崎瞬に呼び出され、隣のクラスの百瀬陽(早見あかり)を紹介される。百瀬と付き合うことになったノボルだが、実はこの関係、本命の恋人がいる瞬と百瀬が付き合っているという噂を消すための計画だった。ノボルを隠れ蓑にしてでも瞬と一緒にいたかった百瀬。大好きなお兄ちゃん・瞬のために「嘘」を受け入れたノボル。それぞれの想いをのせ、二人は「嘘」の恋愛関係を始めていく…。

映画『百瀬、こっちを向いて。』は、作家の乙一が、中田永一という別名義で執筆した同名のベストセラー小説をもとに映画化。誰もが経験する、思春期の男女が織りなす青春の日々をリアルかつ郷愁的に切り取り、初めて恋をする事で知った苦しみや悲しみ、そして喜びと言った、心の機微を繊細に描き出したラブストーリー。

百瀬、こっちを向いて。
監督は、全国の映画館で流れる「NO MORE 映画泥棒」CMなどユニークな映像作品の数々で高い評価を受け、本作で長編映画デビューを果たした耶雲哉治(やくもさいじ)。2011年に人気アイドルグループ ももいろクローバーを卒業した早見あかりが、長編映画初主演を務める。

本作で物語の語り部となるのが、高校卒業以来、15年振りに帰郷した30歳の相原ノボル。このノボルを演じるのが、向井理。今や日本映画界に欠かせない俳優となり、これまで多彩な役柄を演じてきた向井は本作では、非モテ男子だった15歳の時の初恋を忘れられぬまま大人になった気弱な小説家をハマり役とばかりに好演する。

また、本作の主題歌は、人気のピアノ・トリオWEAVERによる描き下ろしオリジナル楽曲。映画からインスピレーションを受け、初恋の苦みや葛藤など、主人公ノボルが抱える心情を余すとこなく汲み取り、聴く者に各々が抱える甘酸っぱい想い出を想起させるミドルテンポの楽曲となっている。

この発表にあわせ、向井理とWEAVERより、以下のコメントが届いた。

向井理 コメント
■この映画の役柄についてどう思われたか。
どこにでもいる青年。そして初恋の思い出とその時感じていた疑問を今でもまだ引きずっている人だと感じました。

■共演シーンはなかったが早見さん演じる百瀬をどう思われたか。
自由な人。良くも悪くも人を振り回す。でも、一生懸命生きている人。

■今回の役は作家でしたが、原作の中田永一(乙一)さんの本は読んだことがありましたか?
ZOOとか短編系が好きで、他にも何冊か読んだことがあります。

■監督から何かアドバイス等ありましたか?
「あまり根暗になったり、背負い過ぎずに」というアドバイスを頂きました。

■撮影中になにかエピソードがあれば教えてください。
短いシーンでしたが、きたろうさんとのシーンは結構アドリブを振られたので、楽しかったです。

WEAVER コメント
■主題歌について
「好き」とは言えずにいた恋愛は、想いを伝えることができた恋愛とはまた違った感覚で胸に懐かしく残っているものだと思います。
映画の主人公達が感じている、甘く切なく、時に残酷に人を傷つける恋愛の感情とリンクするような歌になればと思いました。


『百瀬、こっちを向いて。』
原作:中田永一(祥伝社刊)
監督:耶雲哉治(ROBOT所属)
脚本:狗飼恭子
出演:早見あかり 竹内太郎 石橋杏奈 工藤阿須加 ひろみ(第2PK)/向井理
企画・制作プロダクション:ROBOT
配給:スールキートス
2014年/109分/ビスタ
(C) 2014 映画「百瀬、こっちを向いて。」製作委員会


2014年5月10日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!!
2013年12月9日
『百瀬、こっちを向いて。』
2014年5月10日(土)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー