ニュース&レポート

藤原竜也&山田孝之、ついに激突! 中田秀夫監督で韓国映画『超能力者』をリメイク!

MONSTER(仮)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2010年に韓国で200万人以上を動員した映画『超能力者』が、藤原竜也と山田孝之共演、中田秀夫監督がメガホンをとり、『MONSTER(仮)』としてリメイクされることが決定した。
藤原竜也&山田孝之、ついに激突! 中田秀夫監督で韓国映画『超能力者』をリメイク!

<全ての人間を操れる力を持つ男>と、<その能力が唯一通じない男>の激突を描いたオリジナル版の『超能力者』は、韓国の人気俳優カン・ドンウォンとコ・スが共演し、世界12カ国の映画祭に出品され話題となったSFアクション。

日本でも2012年春に公開されたが、この日本公開と時を同じくして、『デスノート』や『GANTZ』の佐藤貴博プロデューサーがリメイク権の獲得に動いた。すでに、ハリウッド、ヨーロッパからリメイク権のオファーが相次いでいたが、『デスノート』のプロデューサーによる、中田秀夫監督、藤原竜也主演のプロジェクトならば、と快諾。日本の最高峰スタッフキャストによって映画化されることが決定した。

殺しあう宿命を背負った2人の男に『デスノート』シリーズ、『カイジ』シリーズ、『藁の楯 わらのたて』など出演作の大ヒットが続く藤原竜也と、人間ドラマ、バイオレンス、コメディ作品など幅広いジャンルの作品に出演し毎度注目を集める、日本映画界の実力派俳優・山田孝之。

意外にも本作で初めての競演となるが、藤原は「同世代の俳優として意識はしていましたし刺激も受けてましたので、今回がっつり対立する役として共演が決まり、素直に嬉しかった」と、山田との共演を喜び、山田も「不思議と共演する機会が無かったので、今回藤原さんの圧倒的な芝居のパワーを肌で感じる事ができるのはとても楽しみです」とコメント。「現場に入ってみて少しずつ「孤独」を感じていければ。キャストスタッフ一丸となって暑い夏ケガなどないよう集中して撮影を乗り切りたい」(藤原)、「非日常的な設定や状況の中で観客に自然と感情移入してもらい楽しんでもらうために、いつも以上に世界に入り込む必要がある。時期的に集中力が低下するので気をつけます」(山田)と、それぞれ撮影前の意気込みを語っている。

監督には、ハリウッドデビューも果たし、現在『クロユリ団地』が大ヒット中の中田秀夫。藤原と山田の共演について中田監督は、「内面的葛藤、絶対的孤独感を負った主人公たちを演じてもらうのに絶好の、藤原さん、山田さんという初顔合わせの俳優さんたちを得て、監督としての興奮度もいやがおうにも増しています。現代日本ならではの新たなヒーロー像を彼ら二人と作り上げていきたいと思います」。佐藤貴博プロデューサーは、「強烈な存在感と演技力を誇る2人の初競演が、この対決軸をメインとする作品で実現したのは運命といえるかもしれません。役柄同様に、芝居でもガチンコ勝負となるでしょうから、凄まじい緊張感が画面にもにじみ出ることは間違いありません。ハラハラドキドキのサスペンス要素が満載にして、2人の実力派の真剣勝負は観るものすべてを興奮させる、日本映画界において画期的なアクションエンターテイメントになると確信しています」と自信のコメントを寄せている。

また、本作は韓国オリジナル版とは違う日本版ならではの衝撃の結末が用意されるという。「デスノート」「GANTZ」でも原作とは違う映画ならではの結末を紡いできたチームによる、新たなるラストにも期待がかかる。

本作は7月にクランクイン、12月の完成を経て2014年の公開を予定している。


『MONSTER(仮)』
【STORY】

そのまなざしひとつで他人を意のままに操ることのできる “男” (藤原竜也)=“超能力者”。その能力で虐待する父親を殺してしまい、母親にも見捨てられ、最低限の金を奪い都会の闇にまぎれ絶望の中孤独に暮らしていた。田中終一(山田孝之)=“普通の男”も家族はいないが、気の会う仲間たちと貧しくも明るい未来を信じて生きていた。ある日、相反する二人の男が、期せずして出会ってしまう。いつものように、そこにいる人間を操ろうとする“男”だが、終一には一切通じない、それどころか正義感を持って反撃してくる。そう、彼もまた特殊な能力を持つ男だったのだ。動揺した“男”は、終一を取り押さえようとするが、そのはずみで彼の大切な人間を殺してしまう。復讐に燃える終一と、自分の能力を知る唯一の男を葬ろうとする“超能力者”。怪物として生まれてしまった2人の運命が交錯し、戦いの渦が激化していく。壮絶な激闘の末、宿命の対決は衝撃の結末を迎える…。


藤原竜也 山田孝之
原案映画:『HAUNTERS(原題)』<監督・脚本 キム・ミンソク>
監督:中田秀夫 脚本:渡辺雄介
企画・プロデュース:佐藤貴博 プロデューサー:下田淳行
企画製作:日本テレビ放送網 制作プロダクション:ツインズジャパン

公式サイト:fujiwara-vs-yamada-movie.com
2013年7月1日
『MONSTERZ モンスターズ』
2014年5月30日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://www.monsterz-movie.jp