ニュース&レポート

中田秀夫監督最新作『モンスターズ』、ドーヴィル・アジア映画祭でワールドプレミア上映決定

MONSTERZ モンスターズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
3月5日から開催される第16回ドーヴィル・アジア映画祭で、中田秀夫監督のトリビュート特集が組まれることが決定。藤原竜也と山田孝之を主演に迎えた最新作『MONSTERZ モンスターズ』のワールドプレミア上映も決まり、中田監督よりコメントが到着した。
中田秀夫監督最新作『モンスターズ』、ドーヴィル・アジア映画祭でワールドプレミア上映決定
フランス・パリ郊外のリゾート地であるドーヴィルで開催される「ドーヴィル・アジア映画祭」は、アジア映画のショーケースとして1999年より開催されており、作家性の強い監督作品の上映を好むことで知られている。昨年は、日本が誇る世界的鬼才・園子温監督やウォン・カーウァイ監督のトリビュート特集が行われた。

第16回目となる今年は、『リング』がハリウッドリメイクされ、続編は自らでメガホンを取りハリウッドデビューも果たすなど世界での人気も極めて高い中田秀夫監督の特集上映が決定。具体的な上映作品はまだ発表されていないが、藤原竜也と山田孝之を主演に迎えた最新作『MONSTERZ モンスターズ』が、日本公開に先駆けてワールドプレミア上映されることが決まった。

日本映画界を牽引する最強の布陣で製作された『MONSTERZ モンスターズ』は、<人間を自由に操れる男>と、<唯一、操れない男>の壮絶なサバイバル・バトルを描いたサスペンスアクション。目の肥えたフランスの映画ファンにどう受け入れられるのか、今から期待が高まる。

本映画祭に合わせて現地入りすることになった中田監督より、意気込みの言葉が到着した。

●中田秀夫監督 コメント

ドーヴィル・アジア映画祭において私のこれまでの映画作りについてトリュビュートしていただくこととなり、また新作『MONSTERZ モンスターズ』が、同映画祭でワールドプレミアとして上映して頂ける事となり、たいへん光栄に思います。目がたいへん肥えているフランスのお客さんたちに『MONSTERZ モンスターズ』がどのように映るのか、今から心地よい緊張感で一杯です。トリビュートしていただくにはまだまだ至らぬと思っていますが、今回の映画祭参加をバネに、日本での公開に向けてフルスロットルしていきたいと思います。

また、映画祭ディレクターのBruno Barde氏より、本企画によせてのコメントも寄せられている。 

● Bruno Barde氏(ドーヴィル・アジア映画祭ディレクター兼Le Public Système Cinéma CEO) コメント

「リング」や「仄暗い水の底から」、「CHATROOM」など、中田秀夫監督は、芸術的な映画撮影において、新しい構造・新しいショット・新しい思考へ、新しいページを開いた監督として歴史に刻まれていると思います。
私は中田監督が監督になりたてのころから、彼の作品にずっと注目をしておりました。
ジャンル映画は、これまでにも各国で映画撮影の技法を新しいものへと変化させてきており、この分野で活躍してきた映画製作者たちは、世間にもっと認められ評価されるべきです。
上記のような理由から、この映画祭で”MONSTERZ”のワールドプレミアとともに、中田監督をお招きし、これまでの功績に敬意を表したいと思った次第です。
2014年2月12日
『MONSTERZ モンスターズ』
2014年5月30日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://www.monsterz-movie.jp