ニュース&レポート

映画と異なるエンディングは必読!人気脚本家・渡辺雄介氏による小説版『MONSTERZ』緊急出版

MONSTERZ モンスターズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
5月30日(金)公開、中田秀夫監督、藤原竜也&山田孝之共演によるサスペンスアクションエンターテイメント超大作『MONSTERZ モンスターズ』。映画の公開を控えた明日4月18日(金)、書き下ろしの原作本『MONSTERZ』が緊急発売されることがわかった。
映画と異なるエンディングは必読!人気脚本家・渡辺雄介氏による小説版『MONSTERZ』緊急出版
広大な都心を舞台に、群衆を操って一大軍団を形成する“男”と、驚異の回復力と強靭な肉体を持ってひとりでそれに立ち向かう終一。ふたりの“モンスター”が繰り広げる壮絶な闘い。緊急出版が決まった小説では、終一が深く関わることになる転落事故を担当する女性刑事・押切奈々のモノローグ調で紐解かれていく。また、映画にも登場する“男”の幼少期のエピソードや、ひとりで生きていくことを決意した「ある出来事」が詳細に描かれ、映画では描かれなかった真相を楽しめる内容になっている。

原作本を著したのは、『20世紀少年』シリーズ、『GANTZ』シリーズの脚本を担当し、来年公開予定の話題作『進撃の巨人』の脚本も担当する人気脚本家の渡辺雄介。

出版を前に原作本を読んだ中田秀夫監督は、「二人がともに口にする「死ぬまで生きる」という台詞を突き詰めた、「人はなぜ生きるのか」という問いが主題として大きく浮かび上がったように感じられた」とコメントを寄せている。

渡辺自身が「小説だからこそのクライマックスを体験してください!」と語るように、映画とは異なるエンディングが用意されており、映画の公開を前にチェックしておきたい一冊だ。

原作本『MONSTERZ』(渡辺雄介著/集英社文庫)は、4月18日発売予定(580円+税)。
2014年4月17日
『MONSTERZ モンスターズ』
2014年5月30日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://www.monsterz-movie.jp