ニュース&レポート

トム・クルーズが四つ目のモンスターに!? 主演最新作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ポスター&予告編が解禁

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
7月28日(金)公開のトム・クルーズ主演最新作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』の本予告映像と本ポスタービジュアルが到着した。
トム・クルーズが四つ目のモンスターに!? 主演最新作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ポスター&予告編が解禁
『魔人ドラキュラ』(31)、『フランケンシュタイン』(31)など、その歴史のはじまりから今日まで人々を魅了し続けてきたユニバーサル・スタジオのモンスター映画を、次世代向けにリメイク・シリーズ化することを発表し世界中で大きな話題を呼んでいる、ユニバーサル・スタジオが贈る超巨大プロジェクト「ダーク・ユニバース」。

そのシリーズ第一弾にあたる『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』は、ミイラというキャラクターの原型である作品『ミイラ再生』(32)を新しく生まれ変わらせたアクション・アドベンチャー超大作。ハリウッドきっての大スターであるトム・クルーズを主演に迎え、中東の広大な砂漠から現在のロンドンに隠された地下迷宮を舞台に、古代エジプトの神話に封印された邪悪なる“王女”の復活の物語を描く。


『フランケンシュタインの花嫁』(35)の中に登場する有名なフレーズであり、劇中でもヘンリー・ジキル博士(ラッセル・クロウ)が話す「神々とモンスターの新世界へ」という印象的なナレーションから始まる本映像。謎の地下空洞で発見した巨大な棺を輸送中、想定外の事態により飛行機が墜落するも、何故か無傷で生き残ったニック(トム・クルーズ)は、ジキル博士に“王女の呪い”により生かされたのだと告げられる。ニックに呪いをかけた王女アマネットはモンスターと化し、5000年もの永い封印から解き放たれ、人類への復讐を目論んでいた。アマネットの強靭な力でいとも簡単に吹っ飛ばされるニックだが、映像の最後には、「モンスターを倒すには、モンスターだ」という言葉をきっかけに、瞳が4つへと変わっていくニックの衝撃的な姿が…。果たして彼は、ジキル博士の話す通り“悪の化身”に生まれ変わるのか…?!

映像からも確認できる通り、今回も自らスタントをこなす凄まじいアクションの数々を披露しながらもこれまでのアクション・ヒーロー像とは違った一面を披露しているトム。1人の男が運命と戦う壮大なアドベンチャーと謎めいたストーリー展開に期待膨らむ映像となっている。

また、あわせて到着した本ポスタービジュアルでは、ニックの背後からこちらを見つめる王女アマネットの不気味な四つ目が浮かび上がっている。思わず人智を超えた驚愕の世界へと誘われるかのようなミステリアスな雰囲気を纏ったインパクト大なビジュアルに仕上がっている。

トムは、本作について「本作は迫力満点のアクション、心を揺さぶるスリル、そして恐怖に満ちている。キャラクターの個性が光っていて、物語は斬新な展開を見せるんだ。この様な映画にぴったりのダークなユーモアたっぷりの映画だよ」とコメント。監督のカーツマンは「映画ファンとしてトムの作品が長年好きな理由は、欠点の多いキャラクターを、ユーモラスに、そして共感できる人物として描く事ができるからだ」と、劇中で披露しているトムのユーモア溢れる演技を絶賛している。

ダーク・ユニバースの次回作には、『美女と野獣』の監督ビル・コンドンがメガホンをとる『フランケンシュタインの花嫁』(仮題)を予定している他、今後、透明人間をジョニー・デップが、フランケンシュタインの怪物をハビエル・バルデムが演じることが決定しているなど、今後も大きな盛り上がりをみせそうだ。
2017年6月27日
『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』
2017年7月28日(金)、TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
公式サイト:http://themummy.jp