ニュース&レポート

全米初登場第1位!『ACT OF VALOR(原題)』が邦題『ネイビーシールズ』として、6月22日公開!

ネイビーシールズ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
今年2月に全米で公開され、無名のキャストながら異例の初登場No1大ヒットを記録した「ACT OF VALOR(原題)」が、その名も『ネイビーシールズ』という邦題で、6月22日(土)に全国公開されることが決定した。
全米初登場第1位!『ACT OF VALOR(原題)』が邦題『ネイビーシールズ』として、6月22日公開!

国家の最高機密作戦に従事する、過酷な訓練を通過できたわずか数%の精鋭で組織される「Navy SEALs」。ウサマ・ビンラディン暗殺を遂行したことで知られ、アクション映画でも度々登場するが、本作『ネイビーシールズ』は、Navy SEALs全面協力のもと、なんと現役兵士が多数出演。作戦や最新鋭の兵器、技術、すべてが本物という前代未聞の戦闘アクション映画となっており、そのリアルさから「国家機密をバラしすぎだ」と米国国防総省(ペンタゴン)へ政治家たちの電話が相次いでいるほど。

物語は、コスタリカに潜入していたCIAの女性エージェントが拉致され、<Navy SEALs>のチーム7が敵のアジトを急襲、見事な手腕でエージェント奪還は成功するが、誘拐犯の携帯電話から、イスラム系テロリストによる全世界規模のテロ計画が発覚する…というもの。仲間や家族との絆を絡ませながら、命を懸けて彼らを駆り立てる真実を明らかにしていく。

本作は、『いまそこにある危機』『レッドオクトーバーを追え』『パトリオットゲーム』など軍事・政治サスペンス小説の大家トム・クランシーが製作に協力。神経を極限まで研ぎ澄まし、精密機械のように行動する隊員たちの緊迫感や、ヘルメットカメラを多用した“自分目線”のカメラワークによって、リアル戦闘アクションを体感できる作品となっているという。

『ネイビーシールズ』は、2012年6月22日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー
(C) 2012 IATM,LLC
2012年4月10日
『ネイビーシールズ』
2012年6月22日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー
公式サイト:http://navyseals.gaga.ne.jp