ニュース&レポート

アレクサンダー・ペイン監督最新作『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』予告編が解禁!

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
アレクサンダー・ペイン監督最新作、第71回ゴールデン・グローブ賞にて作品賞・主演男優賞ほか主要5部門にノミネートされた映画『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』の予告編が到着した。
アレクサンダー・ペイン監督最新作『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』予告編が解禁!

『ファミリー・ツリー』『サイドウェイ』『アバウト・シュミット』のアレクサンダー・ペイン監督の最新作『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』は、頑固者の父親と、父と距離を置いていた息子が、旅を通して家族のつながりを取り戻していく様子をモノクロ映像で描いた感動作。

本年度カンヌ国際映画祭では、頑固者の父・ウディを演じたブルース・ダーンが最優秀主演男優賞を受賞。また12月12日に発表された第71回ゴールデン・グローブ賞において、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、監督賞、脚本賞(ボブ・ネルソン)、主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門 ブルース・ダーン)、助演女優賞(ジューン・スキッブ)の主要5部門にノミネートされた。

“100万ドルに当選”というインチキな手紙をすっかり信じ、徒歩で賞金を取りに行こうとする頑固な父親を演じたブルース・ダーン。ヒッチコック、コッポラ、タランティーノらに愛され、反逆者や殺し屋など邪悪で強烈なキャラクターを数多く演じてきたダーンにとって、混乱を来す老齢のウディ役は、長いキャリアの中でも初めての挑戦となる。監督のアレクサンダー・ペインが「『痛ましいボロ雑巾みたいな感じでいてください』と言っただけだったけれど、ブルースはまさにそのとおりにやってくれたんだ」と語る通り、100万ドルに当たったと信じ込む男のおかしみと切なさを飄々と演じており、予告編でもその名演に惹きつけられる。

2013年12月16日
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
2014年2月28日(金)TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国公開
公式サイト:http://nebraska-movie.jp/