ニュース&レポート

郷ひろみがNEOビール社のCMタレントに!『劇場版サラリーマンNEO』本人役で22年ぶりのスクリーンへ

劇場版サラリーマンNEO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
小池徹平、生瀬勝久のW主演で、11月3日(木・祝)より全国公開される映画『劇場版サラリーマンNEO』。本作で、郷ひろみが主題歌を担当するとともに、22年ぶりにスクリーンにカムバックすることがわかった。
郷ひろみがNEOビール社のCMタレントに!『劇場版サラリーマンNEO』本人役で22年ぶりのスクリーンへ

2004年、NHKとしては異例のコント番組として放送されるや、瞬く間に話題となりレギュラー化され、国際エミー賞にまでノミネートされた「サラリーマンNEO」。満を持しての映画化となる『劇場版サラリーマンNEO』では、業界5位のさえないビール会社に、新入社員が放り込まれた事から巻き起こるドタバタ劇を描く。ダブル主演の小池徹平と生瀬勝久が、新入社員とクセあり課長のどうもかみ合わないやりとりを繰り広げる一方、沢村一樹などレギュラーメンバーも健在。

そして今回発表された大物ゲストが、今年でデビュー40周年の郷ひろみ。郷ひろみの映画出演は、国内で公開された映画では1989年の『舞姫』以来、22年ぶり。役柄は、主人公たちが勤める「NEOビール社」の新商品のCMタレントとして起用される、郷ひろみ役。しかし、CM撮影の当日に「何か」が起こり、その後のNEOビールの行く末を大きく左右することになる。郷は、本作への出演について、「22年ぶりの映画撮影現場でしたが、僕は”郷ひろみ”としての役でしたので、監督から「役作りはせず、リラックスしていきましょう」と指導いただき、終始楽しくできました。重要な役どころなので、見逃さないでください」と、コメントを寄せている。

また、本作の主題歌には、郷ひろみの新曲「笑顔にカンパイ!」(作詞・作曲:布袋寅泰)が決定。郷×布袋のアップテンポでロックなサウンドが映画を華やかに盛り上げることになる。さらに、映画公式サイトでは、「笑顔にカンパイ!」のバックダンサーを募集する企画を準備しており、11月3日の映画公開に向け、郷ひろみのバックダンサーとして実際に踊って楽しめるイベントが開催される予定だという。バックダンサー募集の情報は後日、映画公式サイトで発表される。

■主題歌「笑顔にカンパイ!」リリース情報
2011/06/01発売 (Sony Music Records)
歌・郷ひろみ/作詞・作曲:布袋寅泰
「笑顔にカンパイ!」(初回限定版)
「笑顔にカンパイ!」(通常版)
2011年6月1日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』
2011年11月3日(木・祝) 新宿ピカデリーほか全国公開
公式サイト:http://www.neo-movie.com/