ニュース&レポート

綾野剛、第15回ニューヨーク・アジア映画祭でライジング・スター賞受賞

日本で一番悪い奴ら

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
綾野剛主演、『凶悪』の白石和彌監督の待望の最新作『日本で一番悪い奴ら』が、第15回ニューヨーク・アジア映画祭のオープニング作品に決定し、主演の綾野剛が同映画祭のライジング・スター賞を受賞することが決まった。
綾野剛、第15回ニューヨーク・アジア映画祭でライジング・スター賞受賞

『日本で一番悪い奴ら』は、“日本警察史上、最大の不祥事”といわれる驚愕の事件を題材に、一人の刑事の歪んだ正義が暴走するエンターテインメント。本作で綾野剛は「正義の味方、悪を絶つ」の信念をもちながらも、でっちあげ・やらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、あらゆる悪事に手を汚していく北海道警察の刑事・諸星要一の26年間を演じきる。

6月22日(現地日程)より開催されるニューヨーク・アジア映画祭は、今年で開催15回目を迎え、リンカーン・センター映画協会と Subway Cinema が主催する北米有数のアジア映画祭。ライジング・スター賞は、日本人では過去に、2011年に山田孝之(『ミロクローゼ』)、2012年に長澤まさみ(『モテキ』)、2014年に二階堂ふみ(『私の男』)、2015年に染谷将太(『さよなら歌舞伎町』『TOKYO TRIBE』)らが受賞しており、今年で3年連続の受賞となる。

ニューヨークのリンカーン・センターで行われるオープニング上映には白石和彌監督が、授賞式には綾野剛が参加する予定。

【ニューヨーク・アジア映画祭ディレクター/サミュエル・ジャミエール氏コメント】

白石和彌監督の『日本で一番悪い奴ら』で目の当たりにした綾野さんの妥協のない演技が、本年の「スクリーン・インターナショナル」のライジング・スター賞の授賞の決め手でした。綾野さんがこれまで演じてきたすべての役柄に、自制と無謀が共存した今作が加わることで、彼のキャリアが完成したといえます。組織的権力の中心にはびこる腐敗を妥協することなく描写した壮絶な主人公の半生は、深作欣二の『仁義なき戦い』のような往年の傑作を想起させます。このような生々しいエネルギーをスクリーンに呼び戻してくれる作品と俳優を発見できたことにワクワクする気持ちが止まりません。
2016年5月19日
『日本で一番悪い奴ら』
2016年6月25日[土]全国ロードショー
公式サイト:http://www.nichiwaru.com/