ニュース&レポート

映画『ナイトクローラー』に、不気味・後味悪い・おぞましい・最低最悪…ネガティブワード連発の絶賛コメント

ナイトクローラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ジェイク・ギレンホール主演、報道スクープ専門の映像パパラッチの暴走を描いた衝撃作『ナイトクローラー』(8/22)。本作をいち早く鑑賞した各界の“曲者”著名人からネガティブワード連発の絶賛コメント到着した。
映画『ナイトクローラー』に、不気味・後味悪い・おぞましい・最低最悪…ネガティブワード連発の絶賛コメント

本作の主演は、『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞にノミネートされたジェイク・ギレンホール。タイトルの“ナイトクローラー”とは、いち早く事件・事故現場に駆け付けて被害者にカメラを向け、それをテレビ局に売りさばく報道スクープ専門の映像パパラッチのこと。警察無線を傍受しスキャンダラスな“画”を求めて夜な夜なL.A.の街に繰り出すハイエナのような存在だ。映画は、“ナイトクローラー”となった主人公の姿を通じて、視聴率の為に倫理をも踏み外した映像を欲しがるテレビ業界の裏側と、それを非難しながらも求める現代社会の闇に迫る。

そんな衝撃作をいち早く鑑賞した各界著名人たちは、「テレビ界で本気で働く人が見たら、その狂気に共感してしまうだろう。この映画は危険だ。だからおもしろい」(鈴木おさむ/放送作家)、「とんでもなく面白くて、とてつもなく後味が悪い」(小島秀夫/ゲームデザイナー)、「超最低最悪のサクセスストーリー。絶対、真似してはいけません」(真梨幸子/ミステリー作家)、「人の皮を被った「死肉喰い」。おぞましくも瞬きすら許さぬ傑作」(宮崎哲弥/評論家)など、絶賛コメントにも関わらずネガティブワードが並び、主人公や本作の世界観がいかに狂気に満ちているかが伝わるものとなっている。

イラストレーターのリリー・フランキーは、「気持ちいいほど最低のダーティーヒーロー!いっそ、こうなりたい」とルイスに憧れさえ抱いたことを明かしている。日本で一番パパラッチを知る人物といっても過言ではないTVプロデューサーのデーブ・スペクターは、「沢山の追っかけカメラマンやパパラッチを知っていますがここまでやる人はいない」と、常軌を逸したパパラッチ振りに恐れさえ抱いたようだ。

その他、映画監督の大根仁氏、プロデューサーのおちまさと氏、ジャーナリストの田原総一朗氏、ジャーナリスト/法政大学教授の水島宏明氏と、まさに曲者ぞろいで、本作が持つ様々な側面にスポットが当てられ、本作への期待が高まるものになっている。

★『ナイトクローラー』に寄せられた絶賛コメント (敬称略/五十音順)

大根仁(映画監督)

我々が無意識に欲しているスキャンダル映像は、このようにして「作られて」いるのだ!
現代社会の悪魔を演じるジェイク・ギレンホールは身の毛がよだつほどにおぞましく、そして魅惑的だ!!

おちまさと(プロデューサー)

映像はフレームの中で起こる事が全てである。映像は撮る人間の歓喜も狂気も写し出す鏡。この主人公は今やスマホを持つ人間全員がなりかねない姿かも知れない。

小島秀夫 (ゲームデザイナー)

とんでもなく面白くて、とてつもなく後味が悪い。その闇を這いずる狂気の残滓が快感にもなる。この映画、とんだ反則だ。

鈴木おさむ(放送作家)

この映画の主人公は、狂っていく。
でも、テレビ界で本気で働く人が見たら、その狂気に共感してしまうだろう。
だからこの映画は危険だ。だからおもしろい。

田原総一朗(ジャーナリスト) 

激しい視聴率競争の裏側で、倫理と法律を踏み外して、欲望を際限なく肥大化させる映像パパラッチを描いたスサマジイ映画だ!

デーブ・スペクター(TVプロデューサー)

陽気なロサンゼルス(LA)の昼間と違って夜の裏側が実に興味深くリアルに描かれている。
パパラッチの定義を超える前代未聞のカメラマン。最後までハラハラする。
今までここまで撮る対象に負けないカメラマンは初めて。(ルイスを)応援してはいけないけど、つい応援してしまう異色なキャラクター。
沢山の追っかけカメラマンやパパラッチを知っていますがここまでやる人はいない。いたら知らん振りします!
身近に居そうなルイスの裏面を見事に演じるジェイク・ギレンホールの行動がどんどんエスカレートしてポップコーンを食べさせてくれない!(ポップコーンを食べる余裕がない)
最初観た時は思わず持ってる(すべて)カメラの電池を全部外しちゃった!
迫力あるシーンが正に連写!
ジェイク・ギレンホールの映画は待ちギレン!
ジェイク・ギレンホールを待ちギレン!

真梨幸子(ミステリー作家/「殺人鬼フジコの衝動」) 歪んだ意識高い系君による、ブラック企業立ち上げまでの、超最低最悪のサクセスストーリー。絶対、真似してはいけません。

水島宏明(ジャーナリスト/法政大学教授) 

「刺激的な映像」を求め、歯止めが効かぬほど事件を“演出”して撮影する主人公。
日本のテレビのヤラセと同根の構図が見えた。

宮崎哲弥(評論家)

疾走する狂気。暴走するメディア。人の皮を被った「死肉喰い」。
胴震いするほど冷たい夜気を孕んだ、おぞましくも瞬きすら許さぬ傑作だ。

リリー・フランキー (イラストレーター)

気持ちいいほど最低のダーティーヒーロー!
後味の悪さにも、キレがある。不気味さに、涼やかさがある。いっそ、こうなりたい。


2015年8月6日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ナイトクローラー』
2015年8月22日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!
公式サイト:http://nightcrawler.gaga.ne.jp