ニュース&レポート

ジェイク・ギレンホールが狂気のパパラッチを怪演!『ナイトクローラー』が8月公開決定

ナイトクローラー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
ジェイク・ギレンホール主演、本年度アカデミー賞で脚本賞にノミネートも果たした衝撃作『NIGHTCRAWLER』が、邦題『ナイトクローラー』として8月22日(土)より全国公開が決定。あわせてポスタービジュアルが解禁された。
ジェイク・ギレンホールが狂気のパパラッチを怪演!『ナイトクローラー』が8月公開決定

L.A.では街が眠りにつく間、傍受した警察無線からけたたましく音が鳴り響くのをスタート合図に、猛スピードで車を走らせ、いち早く事件・事故現場に駆け付けて被害者にカメラを向ける者たちがいる。通称“ナイトクローラー”。報道スクープ専門の映像パパラッチだ。彼らは、死臭を求めるハイエナの如く貪欲に、刺激的な映像を求めて夜の街を這いまわる。そして、手に入れた映像をテレビ局に売り捌き、カネを得る。

映画『ナイトクローラー』は、視聴率の為に倫理をも踏み外した映像を欲しがるテレビ業界の裏側と、それを非難しながらも求める現代社会の闇に迫る衝撃作。学歴もコネもなく、仕事にあぶれ“ナイトクローラー”となった主人公・ルーが、警察無線を傍受しながら事件・事故現場に駆けつける。良心の呵責など1秒たりとも感じない彼の過激な映像は高く売れるが、局の要求はさらにエスカレート。遂にルーは一線を越える──。

主演は、『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞にノミネートされたジェイク・ギレンホール。我々の隣にもいるごく普通の男に潜む底なしの狂気を恐ろしくも見事に演じきり、ロバート・デ・ニーロが演じた『タクシードライバー』のトラヴィスの再来とも言われている。

『ナイトクローラー』
ポスタービジュアルで捉えるのは、カメラを手に、闇夜に不気味に佇む主人公のルー(ギレンホール)。足元には何かの破片が激しく散乱し、それをカメラのライトが照らしている。“他人の〈破滅〉の瞬間に、カメラを持って現れる-”というキャッチコピーは、まさに彼のことなのだ。

監督・脚本は、『ボーン・レガシー』の脚本を手掛け、本作が初監督作となるダン・ギルロイ。全米公開時には初登場 NO.1を記録(2014/10/31~)し、本年度アカデミー賞では脚本賞にノミネート。米国レビューサイトRotten Tomatoesでは驚異の満足度95%を叩き出している。

本作は、8月22日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次公開される。

『ナイトクローラー』
■監督・脚本:ダン・ギルロイ『ボーン・レガシー』脚本
■出演:ジェイク・ギレンホール『ミッション:8ミニッツ』、レネ・ルッソ『マイティ・ソー』シリーズ、ビル・パクストン『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
■提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ
■配給:ギャガ
(C) 2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:nightcrawler.gaga.ne.jp

8月22日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!
2015年4月28日
『ナイトクローラー』
2015年8月22日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!
公式サイト:http://nightcrawler.gaga.ne.jp