ニュース&レポート

暴走パパラッチが行き着く先とは?ジェイク・ギレンホール主演『ナイトクローラー』予告編解禁

ナイトクローラー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
8月22日(土)公開のジェイク・ギレンホール主演最新作『ナイトクローラー』の日本オリジナルの予告編が解禁された。
暴走パパラッチが行き着く先とは?ジェイク・ギレンホール主演『ナイトクローラー』予告編解禁

映画『ナイトクローラー』は、暴走する報道スクープ専門のパパラッチの姿をセンセーショナルかつリアルに描き、本年度の賞レースを席巻、本年度アカデミー賞 脚本賞ノミネートも果たした衝撃作。

米国レビューサイトRotten Tomatoesで驚異の満足度95%といった本国での評価から、早耳の映画ファンの本作への関心はすでに高かったようで、先日の日本公開日発表に際して、「これ待ってましたぜ…」「ナイトクローラーきた!」「公開やっと決まった!」「早くぶっ壊れジェイク・ギレンホールが観たい!!!」など、ネットでは喜びのコメントが続出した。

物語は、ジェイク・ギレンホール演じるどこにでもいそうな謙虚で平凡な主人公ルーが、報道スクープ専門の映像パパラッチ“ナイトクローラー”という仕事に出会い、業界に染まっていくと同時に、欲望のままエスカレートし、常識を逸脱した行動をとっていく様がおぞましく描かれる。予告編では、目元が窪むほど約10kgも体重を落とし、本作へ挑んだギレンホールが、全編に渡って不気味な存在感を放っている。

『ボーン・レガシー』の脚本を手掛け、本作が初の監督作品となるダン・ギルロイは、このルーという圧倒的に“嫌な”キャラクターについて、「“トラブルを抱えているが、ある種の才能がある”そんなキャラクターに興味をそそられた。ルーは絶望的な状況の中で天職を見つけるんだ。ジェイクにとってこの役柄は変身だったと思う。文字通りの変身だ。彼ほど懸命に自らを駆り立てる役者は稀だね」と説明し、それを演じきったギレンホールに大きな賛辞を送っている。


2015年5月8日
『ナイトクローラー』
2015年8月22日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!
公式サイト:http://nightcrawler.gaga.ne.jp