ニュース&レポート

檀れいが“くの一”、中村獅童はヒラ忍者。『実写版 忍たま乱太郎』キャストが発表

実写版 忍たま乱太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
7月23日(土)より公開される、三池崇史監督作品『実写版 忍たま乱太郎』で、加藤清史郎演じる主人公・猪名寺乱太郎の父・平之介を中村獅童、母を檀れいが演じることが明らかになった。
檀れいが“くの一”、中村獅童はヒラ忍者。『実写版 忍たま乱太郎』キャストが発表

1986年より朝日小学生新聞で連載、1993年よりNHK教育テレビで放送されているアニメ「忍たま乱太郎」を実写映画化した『実写版 忍たま乱太郎』。戦国時代を舞台に、先祖代々、三流忍者の家系に生まれ、忍術学園へ入学することになった主人公・猪名寺乱太郎が、エリート忍者を目指して奮闘する姿を描き、乱太郎には大人気子役・加藤清史郎があたるほか、林遼威、木村風太、三浦貴大、寺島進らの出演が決定していた。

この度発表されたキャストは、乱太郎の父で半農半忍のヒラ忍者、猪名寺平之介に中村獅童、“くの一”の母親役に檀れい。

『いま、会いにゆきます』以来の父親役となる中村は、出演の経緯について、「僕にぴったりの父親役ですし、(以前から知り合いの)三池監督が撮影されるという事もあり、今回参加させていただくことになりました」と語り、主演の加藤清史郎について「スタッフには僕と清史郎くんが似ているとよく言われていましたが、清史郎くんは経験豊かな役者さんのようにしっかりしており、僕よりも大人の様なところもあり驚きました」とコメントしている。

一方、檀れいも、「子どもの人気番組が映画になるということで、私自身も嬉しいオファーでしたし、TV放送でも知っていたので、公開して多くの子供たちが喜んでくれるよう楽しい作品を作りたいと思いお受けしました。 昨年の夏の暑い撮影の中、元気一杯乱太郎を演じていた清史郎くんは、礼儀正しい“こども店長”でした(笑)」とコメント。本編では“くの一”として華麗なアクションシーンもこなしているそうだが、「アクションを一発で決めるのは難しかったです」と語っている。

昨年の夏の撮影では、強い日差しの照りつけるなか、家族3人で農作業を行い、父と子でキャッチボールならぬ“キャッチ手裏剣”も楽しむなど、和やかな撮影現場だったという。
2011年2月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『実写版 忍たま乱太郎』
2011年7月23日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://www.nintama-movie.com