ニュース&レポート

三池崇史監督・実写版『忍たま乱太郎』が、まさかのハリウッドでリメイクへ?!

実写版 忍たま乱太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
7月23日(土)より公開されている、三池崇史監督・加藤清史郎主演の映画『忍たま乱太郎』。日本の文化を代表する「忍者」をテーマにした本作が、ハリウッドからまさかのリメイクオファーを受けていることが明らかになった。
三池崇史監督・実写版『忍たま乱太郎』が、まさかのハリウッドでリメイクへ?!

NHK教育テレビの人気アニメを実写映画化し、7月23日より公開されている映画『忍たま乱太郎』。監督を務めたのは、『オーディション』や『十三人の刺客』『一命』などを手掛け、世界でも高い評価を受ける三池崇史監督。その三池監督の最新作であり、また、日本の文化を代表する「忍者」を扱った作品ということから、海外からも熱い視線が注がれており、世界70カ国からの上映オファーに引き続き、今度はなんとハリウッドがリメイクに興味を示している。

リメイクのオファーをしてきたのは、数々の名作ヒット作を生み出している超メジャープロダクションで、7月下旬、日本での公開早々に問い合わせが関係者にあり、現在はまだ交渉中の段階。実写版『忍たま乱太郎』は、今年、7月1日より14日まで開催された、ニューヨークアジアンフィルムフェスティバルで上映され、その評判がウォールストリート・ジャーナルやバラエティ誌に掲載され、アメリカでも話題を呼んでいた。

このハリウッドリメイクの動きを受けて三池監督は、「やっぱり来たか。『は組』の魅力は世界規格」と、自信のほどを語り、「できれば、ウンチのカットは残してほしいな…」と早くも条件を提示したい様子。主演の加藤清史郎は、「とてもびっくりしました!すごくうれしいです!日本の忍たまが世界の忍たまになるなんて、夢のようです!」と喜びを語っている。
2011年8月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『実写版 忍たま乱太郎』
2011年7月23日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://www.nintama-movie.com