ニュース&レポート

愛すべキャラクターが織りなすドラマが満載!『のぼうの城』本予告編が公開

のぼうの城

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
累計130万部を突破した大ベストセラーを、犬童一心と樋口真嗣のW監督で映画化した『のぼうの城』。本作の本予告編が公開され、エレファントカシマシが書き下ろした主題歌音源も解禁された。
愛すべキャラクターが織りなすドラマが満載!『のぼうの城』本予告編が公開
本作は、その圧倒的なスケールゆえ、映画化実現まで8年の時間を要した、興奮と感動のスペクタクル・エンタテインメント超大作。歴史小説ファンに加え若者と女性の心をつかみ、累計130万部を突破した和田竜による大ベストセラーを、野村萬斎主演、榮倉奈々、佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之ら豪華キャスト陣共演で映画化された。

解禁された本予告編では、本作に感銘を受けたエレファントカシマシが書き下ろした主題歌「ズレてる方がいい」の楽曲にあわせ、豊臣軍2万人VS忍城軍500人の大規模な合戦や、圧倒的勢力の石田三成が仕掛ける驚天動地の“水攻め”戦術、そして両軍の痛快で愛すべキャラクターたちが織りなす濃密な人間ドラマが展開し、見どころ満載の映像に仕上がっている。

民から「のぼう様」と呼ばれ、将に求められる智も仁も勇もないが誰も及ばぬ「人気」を誇る、“でくのぼう”こと成田長親。忍城軍の総大将として田と城を守るため500人を率いて、2万の豊臣軍に立ち向かうが…。長親を演じた野村萬斎は、「“乗り越える力”を信じられる作品だと思います。忍城方の人々は、みんな決して諦めることなく希望に満ちており、明るいです。迫力の合戦シーンはもちろん、親子愛・友情・ロマンス、様々な要素がぎっしり詰まっており、人の死や生きるということも描かれています。本当に盛り沢山で、老若男女みな楽しめる、3世代で手を繋いで観に来て頂きたい作品です。忍城軍と豊臣軍の個性がぶつかり合いながらも輪になっていく、人間臭さも垣間見られる希望に満ち溢れた群像劇を、どうぞご期待ください」とコメントを寄せている。

本映像は、明日7月14日(土)より全国の主要劇場に登場予定。

予告編は、以下のページでご覧下さい。
■『のぼうの城』作品情報
予告編ライブラリ
2012年7月13日
『のぼうの城』
2012年11月2日(金) 全国超拡大ロードショー
公式サイト:http://nobou-movie.jp/