ニュース&レポート

乃木坂46 初のドキュメンタリー映画、2015年公開決定!ベールに包まれた舞台裏が明らかに

DOCUMENTARY of 乃木坂46

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
AKB48の公式ライバルとして、2011年に誕生したアイドルグループ乃木坂46が、12月14日(日)に行われたクリスマスライブ「Merry X'mas Show 2014」にて、自身初のドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of 乃木坂46』(仮)を、2015 年に公開することを発表した。
乃木坂46 初のドキュメンタリー映画、2015年公開決定!ベールに包まれた舞台裏が明らかに

2011年8月、港区赤坂の乃木坂駅近くで36名の少女たちがお披露目された。すでに飽和状態のアイドル戦国時代においてなお、これから光り輝くことが容易に想像できる美少女揃い。久々の正統派アイドルグループ「乃木坂46」の誕生に沸く一方で、マスコミやアイドルファンらの関心をひく彼女たちに課せられた“宿命”があった。それは「AKB48 の公式ライバル」であること――。以来、つねに国民的アイドルグループとの比較にさらされながらも、少女たちは夢のためひたむきに走り続けてきた。

専用劇場を持たず、シングル選抜総選挙も行わない乃木坂46 だが、定期開催のオリジナルミュージカルの配役を、直前のファン投票によって日々決定するという過酷なシステムを開発。さらにシングル発売のたびに「次々に変わるセンター」など、AKB48 はもちろん、他のグループでもあまり見られない独自路線を次々と展開してきた。その特殊な環境の中でメンバーたちは切磋琢磨し、彼女たちだけのカラーを作り出すことに成功し、多くのファンを獲得。結成2年にして単独で日本武道館を満員にするなど急成長を遂げていく。

そして迎えた3年目の2014年、グループの顔・生駒里奈のAKB48との兼任、SKE48からの松井玲奈の兼任、そしてNHK紅白歌合戦での落選など、さらなる試練が少女たちに襲いかかる。ドキュメンタリーカメラはその一部始終を焼きつけていく。

正統派グループゆえに、これまで舞台裏の映像が公開される機会は他のグループに比べても少なく、ベールに包まれた部分が多い乃木坂46。そんな彼女たちの舞台裏に初めてスポットが当てられ、普通の女の子が同じ夢を持つ仲間たちと励まし合い、時に傷つけながらも仲間を信頼していく成長の記録が華やかなステージの映像とともに描かれる。

『DOCUMENTARY of 乃木坂46』(仮題)
企画:秋元康
出演:乃木坂46
(C) 2015「DOCUMENTARY of 乃木坂46」製作委員会
公式サイトURL:http://www.2015-nogizaka46.jp

2015 年公開
2014年12月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加