ニュース&レポート

トム・クルーズ主演『オブリビオン』が世界48か国で初登場No.1獲得!本ポスタービジュアルも解禁!

オブリビオン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
5月31日(金)より公開される、トム・クルーズ主演『オブリビオン』。今月12日(金)に世界55か国で公開され、48か国でNo.1を獲得する大ヒットスタートを切った本作の本ポスタービジュアルが解禁された。
トム・クルーズ主演『オブリビオン』が世界48か国で初登場No.1獲得!本ポスタービジュアルも解禁!
映画『オブリビオン』は、エイリアンとの交戦によって荒廃した地球を舞台に、異星への移住を完了した人類を見届け、最後まで地球に残り監視を続けるパイロット、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)を主人公にした壮大な物語。

ある日、ジャックは墜落した宇宙船で眠る美女ジュリア(オルガ・キュリレンコ)を発見するが、目を覚ました彼女はなぜか逢ったことのないジャックの名を口にする。断片的な記憶を辿るジャックだったが、誰もいないはずの地球で謎の男ビーチ(モーガン・フリーマン)によって拘束され、彼から驚愕の真実を告げられる…。ジュリアは何者なのか?ビーチの目的は?彼らによってジャック自身、そして地球の運命が大きく動き始める…。

日本に先駆け4月12日(金)に55か国で公開された本作は、48か国でNo.1を獲得、インターナショナルにおいて、初日興行収入合計約6,110万ドルでNo.1を記録。これは、ジョセフ・コシンスキー監督の前作『トロン:レガシー』(総興収2億2,800万ドル)を22%上回り、またピーター・チャーニン制作の『猿の惑星:創世記』(総興収3億500万ドル)と並ぶ記録で、今週末からの全米公開、そして5月31日の日本公開に向けて、より一層期待が高まっている。

この度解禁された本ポスタービジュアルは、崩壊した地球に残されたトム・クルーズ演じるパイロットのジャックと、その後ろには崩れ落ちてしまったマンハッタン橋。物語の舞台である2077年の未来の姿を垣間見せる衝撃的なビジュアルとなっている。
2013年4月20日
『オブリビオン』
2013年5月31日(金)TOHOシネマズ 日劇 他、全国ロードショー
公式サイト:http://oblivion-movie.jp