ニュース&レポート

トム・クルーズ、自信作『オブリビオン』を引っ提げ5月に来日決定!

オブリビオン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
トム・クルーズ主演、『猿の惑星:創世記』のプロデューサーと『トロン:レガシー』の監督がタッグを組んだSFアクション『オブリビオン』。5月31日(金)の公開を前に、トム・クルーズほか、ヒロイン役のオルガ・キュリレンコ、ジョセフ・コシンスキー監督の来日が決定した。
トム・クルーズ、自信作『オブリビオン』を引っ提げ5月に来日決定!

映画『オブリビオン』は、エイリアンとの交戦によって荒廃した地球を舞台に、異星への移住を完了した人類を見届け、最後まで地球に残り監視を続けるパイロット、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)を主人公にした壮大な物語。

4月19日(金)より全米公開された本作はオープニング3日間で3,815万ドルの興行成績を記録し、初登場1位の大ヒットスタート。トム・クルーズ主演作品の国内興収記録としては、『マイリティ・リポート』の3567万ドルを超えるオープニング成績となっており、全世界トータル興収は今週末で1億5,020万ドルに達し、日本での大ヒットにも期待が掛かっている。

世界中で精力的に本作のプロモーションを行っているトムは、前作『アウトロー』で1月に来日してから約4カ月という異例の短期間で再来日。崩壊後の地球で戦い続ける男という、かつてない役に挑んだ自信作の魅力を日本のファンに伝える。また、オルガ・キュリレンコは『007/慰めの報酬』以来約4年半ぶり、監督は『トロン:レガシー』以来約2年半ぶりの来日。3人は5月8日(水)に実施されるジャパンプレミアへの登壇を予定している。
2013年4月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『オブリビオン』
2013年5月31日(金)TOHOシネマズ 日劇 他、全国ロードショー
公式サイト:http://oblivion-movie.jp