ニュース&レポート

ジョシュ・ブローリン主演 ハリウッド版『オールド・ボーイ』、6月公開決定!ポスター解禁

オールド・ボーイ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
土屋ガロンと嶺岸信明による日本のコミックをベースに、パク・チャヌク監督で映画化された『オールド・ボーイ』。その舞台をアメリカの架空都市に置き換え、スパイク・リー監督によって再創造されたハリウッド版『オールド・ボーイ』の公開が、今年6月に決定し、ポスタービジュアルが解禁された。
ジョシュ・ブローリン主演 ハリウッド版『オールド・ボーイ』、6月公開決定!ポスター解禁
1993年10月8日、広告代理店重役ジョー・ドーセットの人生は、はてしない悪夢にのみ込まれた。真夜中の街をさまよっていた彼は、泥酔して意識が混濁するなか、見知らぬ一室に閉じ込められてしまったのだ。何者かの監視下に置かれ、ひたすら単調に流れる時間に精神を蝕まれる絶望の日々。理由も分からない監禁生活がついに20年目に突入したある日、ジョーは突然外界に解放された。監禁中に妻殺しの汚名を着せられたジョーは、休む間も惜しんで猛然と動き出す。愛娘ミナとの再会を果たす前に、何としても自分を陥れた男を捜し出し、復讐を成し遂げねばならないのだ。やがて彼の前に姿を現した犯人は、あらゆる人間の良心を捨てた冷酷非情な男だった……。

土屋ガロンと嶺岸信明による日本のコミックをベースにしたパク・チャヌク版『オールド・ボーイ』は、復讐に人生を捧げたふたりの男がたどる壮絶な運命を描き、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞。世界中の観客のド肝を抜き、多くのクリエイターの創造意欲を刺激した。そのひとりであるスパイク・リー監督が挑んだハリウッド版『オールド・ボーイ』は、舞台をアメリカの架空の都市に移し換え、新解釈をふんだんに織り交ぜた再創造バージョンである。韓国版のテーマとドラマの骨格を受け継ぎつつ、多様なディテールを大胆に塗りかえ、原作とも韓国版とも異なる結末を新たに創出。9.11同時多発テロ、イラク戦争、ハリケーン・カトリーナ襲来、そしてバラク・オバマ大統領誕生へと至る1993年から2013年を背景に、想像を絶するほど衝撃的で、あまりにも哀しい復讐劇を完成させた。

輝かしいキャリアを誇る社会派の巨匠であり、ひねりの効いたサスペンス映画『インサイド・マン』や戦時下のヒューマン・ドラマ『セントアンナの奇跡』でも絶賛を博してきたスパイク・リー監督は、“理由も一切わからぬまま20年間監禁された男”というこのうえなく独創的な設定を生かし、その極限状況に引きずり込まれた主人公ジョーの狂気と野性を徹底的に描出。『SHAME-シェイム-』『それでも夜は明ける』などで今最も注目される撮影監督ショーン・ボビットと組み、スタイリッシュなイメージと生々しい空気感が同居する映像世界を構築した。

ハリウッドの実力派を配したキャスティングも、本作の大きな魅力のひとつ。主人公ジョーに扮するのは『ノーカントリー』『トゥルー・グリット』のジョシュ・ブローリン。前半では約20分にわたってひとり芝居で表現する監禁部屋のシークエンス、さらに30人以上の敵との肉弾バトルを長回しのワンカットで演じきった。

ジョーの心のよりどころとなるソーシャル・ワーカーのマリー役は、映画デビュー作『マーサ、あるいはマーシー・メイ』で数多くの映画賞に輝き、今夏のサマームービー超大作『GODZILLA』のヒロインにも抜擢されたエリザベス・オルセン。さらに、『第9地区』の主演を務めて一躍脚光を浴びた曲者俳優シャールト・コプリーが、神をも恐れぬ復讐計画を実行する謎の男を不気味に演じ、『アベンジャーズ』のニック・フューリー役で愛されるサミュエル・L・ジャクソンの凄みたっぷりの怪助演も見逃せない。

『オールド・ボーイ』
監督:スパイク・リー(『インサイド・マン』)
撮影:ショーン・ボビット(『それでも夜は明ける』)
出演:ジョシュ・ブローリン、エリザベス・オルセン、シャールト・コプリー、サミュエル・L・ジャクソン
配給:ブロードメディア・スタジオ
(C) 2013 OB PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
2013年/アメリカ/英語/カラー/シネマスコープ/103分/原題:OLDBOY/R-15
公式サイト:www.oldboymovie.jp

2014年6月 新宿バルト9他全国ロードショー
2014年2月17日
『オールド・ボーイ』
2014年6月28日(土) 新宿バルト9他全国ロードショー
公式サイト:http://www.oldboymovie.jp/