ニュース&レポート

原田マハ「一分間だけ」台湾を舞台に映画化!主題歌を住岡梨奈が担当

一分間だけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
原田マハの同名ベストセラー小説を、台湾のトップスター、ピーター・ホーとチャン・チュンニン主演で映画化した日台合作映画『一分間だけ』が、5月31日(土)より全国公開が決定。本作の主題歌を、「テラスハウス」で注目を集めたシンガー、住岡梨奈が担当することが決まった。
原田マハ「一分間だけ」台湾を舞台に映画化!主題歌を住岡梨奈が担当

映画『一分間だけ』は、“働く女性”と“愛犬”の切ない愛の物語。仕事、愛犬、恋愛に追われ悩み葛藤する主人公ワンチェンを、チャン・チュンニンが演じ、ワンチェンを支える彼氏をピーター・ホーが演じる。日本からは国際派女優として活躍の場を広げる池端レイナが参加。監督は、テレビドラマ「秋のコンチェルト」で記録的な高視聴率を獲得し、本作が映画初監督作品となる新鋭女性監督のチェン・フイリン。台湾の“カワイイ”美術や風景なども見どころとなる。

原田マハの小説「一分間だけ」は台湾でも発売され、働く女性達を中心に「泣いた」「共感できる」と話題に。アカデミー賞監督アン・リーの弟であるガン・リーが映画化を熱望し、beachwalkers.の吉田正大とタッグを組み、台湾で映画製作会社を設立。本作が日台合作1本目となった。日本と台湾の"ものづくり"にかける人々の思いがつながった本作が、日本、台湾をはじめ多くの人々の胸に感動を届ける。

原田マハ「一分間だけ」台湾を舞台に映画化!主題歌を住岡梨奈が担当
また、本作の日本上映版主題歌を、フジテレビ系列で放送の人気青春リアリティ番組「テラスハウス」での生活をきっかけに生まれた新曲が多くのリスナーの共感を集めたシンガー、住岡梨奈が担当。住岡は自身も犬を飼っていた経験があり、本作で描かれる飼い主と愛犬との優しく感動の物語に共感し、主題歌を快諾。

楽曲は、本作のために書き下ろされ、ギターサウンドと美しいメロディで定評のある人気バンド“音速ライン”の藤井敬之との共作で、作詞を住岡と藤井敬之で行い、藤井による作曲となる。住岡は、「映画のタイトルを見たときに“一分間だけ”は何を意味するのだろうと考えさせられました。わかっているけど忘れてしまったり、失いかけて気づいたりして、大切なことを思い出させてくれる映画です。一瞬一瞬、 見逃さないために一語一句心込めて歌わせていただきました」とコメントを寄せている。

『一分間だけ』
出演:ピーター・ホー チャン・チュンニン 池端レイナ ディン・チュンチェン ホアン・ペイジア 
原作:「一分間だけ」原田マハ(宝島社文庫)
日本上映版主題歌:住岡梨奈「一分間だけ」Ki/oon Music
製作総指揮:吉田正大 ガン・リー
配給:ティ・ジョイ
公式サイト:rira-movie.jp
(C) 2014映画『一分間だけ』
 
2014年5月31日(土)新宿バルト9ほか全国にて公開
2014年3月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『一分間だけ』
2014年5月31日(土) 新宿バルト9ほか全国公開