ニュース&レポート

『ONE PIECE STAMPEDE』の第2弾特報が解禁!映画オリジナル敵キャラクターも明らかに

ONE PIECE STAMPEDE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
週刊少年ジャンプの超人気コミック「ONE PIECE」の劇場版最新作『ONE PIECE STAMPEDE』の第2弾特報が解禁。映画オリジナル敵キャラクター、ダグラス・バレットとブエナ・フェスタの姿が明らかになった。
『ONE PIECE STAMPEDE』の第2弾特報が解禁!映画オリジナル敵キャラクターも明らかに『ONE PIECE STAMPEDE』の第2弾特報が解禁!映画オリジナル敵キャラクターも明らかに

今回解禁となった第2弾特報は、「20周年という名目がなければぼくはこんな映画やらせません。だって面白いに決まってんじゃん!!」という原作者・尾田栄一郎が、本作へ太鼓判を押した直筆コメントで幕を開ける。今回の舞台は、「海賊の、海賊による、海賊のための世界一の祭典 海賊万博」。華やかなパビリオンが立ち並ぶ島に、麦わらの一味や最悪の世代をはじめとする世界中の海賊たちが集結。海賊たちの目的は、海賊万博での目玉イベント「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」。時代の覇権を左右するお宝争奪戦の火蓋が切られる。

さらにロー、スモーカー、たしぎ、バギーズデリバリーも参戦し、物語はさらなる熱狂へ。そして映画のオリジナルキャラクターとして、白熱するお宝争奪戦に突如乱入してきた、元ロジャー海賊団「“鬼”の跡目」と呼ばれた男ダグラス・バレット、そしてルフィたちを海賊万博へと誘う、海賊万博の主催者/ブエナ・フェスタが本特報で初解禁された。不敵な笑みを浮かべるフェスタ、海賊たちの前に立ちはだかるバレット、そしてルフィとバレットの激突など、今回の劇場版で繰り広げられる激しい戦いを予感させる。

また、あわせて解禁された、原作者・尾田栄一郎描き下ろしによるイラストでは、様々な表情を浮かべるフェスタ、“耳がちぎれてる”などのメモが残されたバレットなど、彼らがルフィたちとどう関わっていくのか、どんな物語を見せるのか、今後の情報に期待が高まるものとなっている。

2019年2月21日
『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』
2019年8月9日(金)公開
公式サイト:http://onepiece-movie.jp