ニュース&レポート

『ドライヴ』コンビの熱狂再び! R・ゴズリング×レフン監督『オンリー・ゴッド』予告編が到着

オンリー・ゴッド

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ最新作『オンリー・ゴッド』。2014年1月25日(土)に公開される本作の予告編が到着した。
『ドライヴ』コンビの熱狂再び! R・ゴズリング×レフン監督『オンリー・ゴッド』予告編が到着

アメリカを追われたジュリアン(ライアン・ゴズリング)は、今はタイのバンコクでボクシング・クラブを経営しているが、実は裏で麻薬の密売に関わっていた。そんなある日、兄のビリーが、若き売春婦を殺した罪で惨殺される。巨大な犯罪組織を取り仕切る母のクリスタル(クリスティン・スコット・トーマス)は、溺愛する息子ビリーの死を聞きアメリカから駆け付けると、怒りのあまりジュリアンに復讐を命じるのだった。復讐を果たそうとするジュリアンたちの前に、元警官で今は裏社会を取り仕切っている謎の男チャン(ヴィタヤ・パンスリンガム)が立ちはだかる。そして、壮絶な日々が幕を開ける―

『ドライヴ』でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞したニコラス・ウィンディング・レフン監督と、主演ライアン・ゴズリングの再タッグで贈る本作は、タイ・バンコクを舞台に、兄を惨殺された男の美しくも冷酷な復讐劇を描いたクライム・サスペンス。今年開催された第66回カンヌ国際映画祭では、独特の映像美とバイオレンス描写の過激さに会場が騒然とした衝撃作だ。

この度完成した予告編では、世界で賛否両論を巻き起こしたその過激なバイオレンス描写の一部が解禁となり、ライアン・ゴズリングのファイトポーズや銃を操るクールすぎるシーン、そして赤子も黙る凄味で怒号を飛ばす、『イングリッシュ・ペイシェント』や『サラの鍵』の名女優クリスティン・スコット・トーマスの怪演もお披露目に。レッドとブルーの照明や、構図にこだわった美しすぎる映像と、『ドライヴ』でも絶賛され本作でも音楽を担当した元レッド・ホット・チリ・ペッパーズのクリフ・マルチネスの怪しげな劇中音楽も相まって、「衝撃作」の名にふさわしい、心と体を緊迫感で包む予告編となっている。

2013年10月29日
『オンリー・ゴッド』
2014年1月25日(土)新宿バルト9他全国公開