ニュース&レポート

阿部サダヲ&吉岡里帆の歌声が初解禁!『音量を上げろタコ!』予告編が公開

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
阿部サダヲと吉岡里帆が共演、「時効警察」シリーズの三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の予告編が解禁された。
本作は、“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前となった世界的ロックスター・シンと、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうかが、シンの最後の歌声をめぐって謎の組織から追われる様をハイテンションに描くロック・コメディ。

4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつ一方、“声帯ドーピング”というオキテ破りな秘密を抱えるロックスター・シンを演じるのは、映画『舞妓Haaaan!!!』『謝罪の王様』『殿、利息でござる!』の阿部サダヲ。そして、シンとは対照的に異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうかを演じるのは大ブレイク中の吉岡里帆。さらに、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、ふせえり、田中哲司、松尾スズキらクセが強すぎるキャストたちが集結。

また、シンが歌う主題歌「人類滅亡の歓び」を作曲したのは、L'Arc~en~Cielのボーカルやソロとして世界で活躍する正真正銘のロックスター・HYDE。作詞は元SUPERCARのいしわたり淳治。そして、ふうかが歌うもうひとつの主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」の作詞・作曲を、若者を中心に絶大な人気を誇るシンガーソングライター・あいみょんが務め、全14組の豪華アーティストの参加により音楽面でも最強の布陣が実現。

解禁された予告編では、「監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました笑。」(HYDE)、「廃退的で耽美的な歌詞。とても楽しい貴重な経験をさせて頂きました。」(いしわたり淳治)と語るシン(阿部サダヲ)の歌う主題歌「人類滅亡の歓び」、そして「あの日聴いた音や声、見たもの全てが今日の自分に語りかけてくるように、体の芯を燃やす感覚をいつになっても忘れたくないです。テンションを上げて行こう!」(あいみょん)と語るふうか(吉岡里帆)の歌う主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」が満を持して解禁。

グループ魂のボーカルとして紅白歌合戦出場経験もある阿部、半年間に渡る猛特訓を行った吉岡の歌声とともに、「人類滅亡の歓び」に参加したPABLO、KenKen、SATOKO(FUZZY CONTROL)のテンション爆上げサウンドも必聴。

さらに、「グチャグチャドロドロになって振り回される役回り」とコメントしていた千葉雄大はマスコミに囲まれ、「見た目はパンチが効いている」とのコメント通り、麻生久美子はインパクト大な白髪に眼帯姿、そして小峠はまさかのモヒカンパンクロッカーという姿を披露している。サイドカー付きバイクに乗って叫びまくる阿部サダヲと吉岡里帆が向かう先にあるものは?

2018年7月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
2018年10月12日(金)ロードショー
公式サイト:http://onryoagero-tako.com/