ニュース&レポート

北野武監督最新作『アウトレイジ ビヨンド』が第69回ベネチア国際映画祭コンペ部門に正式出品!

アウトレイジ ビヨンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
北野武監督最新作『アウトレイジ ビヨンド』が、8月29日(イタリア現地時間)より開催される第69回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に正式出品されることが決定した。
北野武監督最新作『アウトレイジ ビヨンド』が第69回ベネチア国際映画祭コンペ部門に正式出品!

関東最大の暴力団組織【山王会】の抗争から5年、熾烈な下克上劇は決着がついたはずだった。しかしヤクザ壊滅を図る警察が動き始める。利用されたのは“死んだはずの男 大友”。やがて“騙し”“裏切り”の火種がくすぶりはじめ、“関東VS関西”の巨大抗争へと発展していく…。前作を超えるスケールと、かつてない台詞の銃撃戦が繰り広げられる、強烈かつ衝撃的な“究極のバイオレンス・エンターテイメント”『アウトレイジ ビヨンド』。

ベネチア国際映画祭と北野作品との関わりは深く、1997年に『HANA-BI』で最高賞の金獅子賞を、2003年、『座頭市』で監督賞にあたる銀獅子賞を受賞。前作『アウトレイジ』は、第63回カンヌ映画祭(2010年)のコンペティション部門にて上映されており、今作のベネチア国際映画祭への出品で2作品連続の世界三大映画祭のコンペティション部門出品という快挙を成し遂げた。

この決定を受け、映画祭公式上映に参加し、レッドカーペットに立つ予定の北野監督は、「『アウトレイジ ビヨンド』をどう観てくれるのか、前作『アウトレイジ』のカンヌ映画祭上映以上にその反応が楽しみです」とコメント。森昌行プロデューサーも、「これで作品のクオリティは保証されました。ロンドン・オリンピックより一足お先に決勝トーナメントへ進出ですね。あとは観客の皆さんがどう楽しんでくれるか、期待しています」とコメントを寄せている。

第69回ベネチア国際映画祭は、現地時間の8月29日(水)から9月8日(土)まで開催される。
2012年7月26日
『アウトレイジ ビヨンド』
DVD&Blu-ray 2013年4月12日(金)リリース 
公式サイト:http://outrage-movie.jp