ニュース&レポート

『アウトレイジ ビヨンド』怒号シーン撮れたて映像が到着!海外セールスも開始!

アウトレイジ ビヨンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
10月6日に公開が決定した北野武監督最新作『アウトレイジ ビヨンド』が、5月16日から開催されている第65回カンヌ映画祭でプリセールスを開始。全世界からの注目が期待される中、関東(ビートたけし)VS.関西(花菱会)の怒号飛び交う最新メイキング映像が到着した。
『アウトレイジ ビヨンド』怒号シーン撮れたて映像が到着!海外セールスも開始!
4月2日にクランクインし、現在、撮影が順調に進んでいる本作。北野組初参加となる西田敏行や塩見三省、神山繁が極めつけの<悪人>を熱演中とのことで、今回到着したのは、5月15日に神戸で撮影されたという撮れたての1シーン。

関東の巨大暴力団組織「山王会」と、関西最大勢力「花菱会」の抗争劇が描かれる本作。映像では、北野監督が演出している様子に始まり、カチンコが入るとともに一瞬にして悪人たちの怒号が飛び交う緊迫したシーンに。関西勢若頭の西野(西田)や幹部の中田(塩見)、それに応戦する大友(ビートたけし)。アクションシーンと見紛うばかりの緊張と興奮が伝わり、映画の醍醐味にあふれる超迫力シーンとなっている。

注目のメイキング映像はこちら↓

前作『アウトレイジ』は、第63回カンヌ映画祭(2010年)のコンペティション部門で注目を集め、アメリカ、フランス、韓国など世界各国で上映された。北野監督初の続編となる『アウトレイジ ビヨンド』は、本編はまだ撮影中だが、既に国外の映画関係者から、製作進行状況についての問い合わせがあるとのことで、現在開催されている第65回カンヌ映画祭で全世界へ向けてセールスを開始。森昌行プロデューサーは、「話題性を含め、注目度はかなり高いので、前作を超えるセールスを期待しております。北野監督にとっても前作以上の自信作ですので、世界中で公開されるよう、ここからスタートしたいと思います」と意気込んでいる。

今回はカンヌ映画祭65周年記念として、北野監督の2007年の短編作品『素晴らしき休日』の関連ドキュメンタリーの上映が決定しているほか、加瀬亮が、『アウトレイジ ビヨンド』撮影の合間を縫って、『Like Someone In Love』(アッバス・キアロスタミ監督・コンペティション部門5/21上映)のため渡仏が決定。世界の映画人たちから注目が集まることが予想される。加瀬は渡仏に際し「カンヌ映画祭でキアロスタミ監督との再会と、上映を楽しみにしています。北野武監督の最新作撮影中での参加となりますが、この映画についても、多くの方に広めてこれたらと思います」とコメントしている。
2012年5月18日
『アウトレイジ ビヨンド』
DVD&Blu-ray 2013年4月12日(金)リリース 
公式サイト:http://outrage-movie.jp