ニュース&レポート

壮麗な景色とアトラクションのような浮遊感!『オズ はじまりの戦い』本編クリップ映像到着

オズ はじまりの戦い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
3月8日(金)より全国で封切られた サム・ライミ監督によるアクション・ファンタジー『オズ はじまりの戦い』の本編クリップ映像が到着した。
壮麗な景色とアトラクションのような浮遊感!『オズ はじまりの戦い』本編クリップ映像到着

到着した映像は、主人公オズ(ジェームズ・フランコ)が南の魔女グリンダ(ミシェル・ウィリアムズ)に誘われ、翼の生えた猿・フィンリーと陶器の少女とともにシャボン玉に乗って城へ向かうシーン。眼下に広がる魔法の国の壮麗な景色に加え、アトラクションのように浮遊するシャボン玉など、3D作品ならではの演出が楽しめるシーンだ。しがないマジシャンだったオズはこの後、<伝説の魔法使い>として民に迎えられ、オズの国を救うという使命感を芽生えさせていく。

この魔法の国の圧倒的な美しさを作り出したのは、『アバター』と『アリス・イン・ワンダーランド』でアカデミー賞美術賞を2度も受賞したプロダクション・デザイナーのロバート・ストロンバーグ。本作では『白雪姫』や『眠れる森の美女』などのディズニー映画に特有のクラシックなデザインのテイストと、光と闇の描き方が独特な19世紀の絵画のような雰囲気を融合させ、魅入られるような魔法の国を創造していった。

ファンタジー文学「オズの魔法使い」における象徴的な場所である、黄色いレンガ道やエメラルド・シティなどが新たな風景として生まれ変わり、さらには、オズが<西の魔女>セオドラと出会う美しい森など、イマジネーション豊かな多彩な風景が生み出された。彼がデザインしたセットの数は約30。最も大きなものは、<南の魔女>グリンダの宮殿の中庭で、なんと約400人ものスタッフが4か月かけて創ったものだという。

2013年3月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『オズ はじまりの戦い』
2013年8月2日(金)よりブルーレイ/DVD/オンデマンドで新登場