ニュース&レポート

芦田愛菜がSF超大作『パシフィック・リム』でハリウッドデビュー!菊地凛子と共演

パシフィック・リム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2013年夏に日本公開となる、ハリウッド超大作『パシフィック・リム』(ギレルモ・デル・トロ監督)。本作に芦田愛菜が出演し、ハリウッド・デビューを飾ったことが明らかになった。
芦田愛菜がSF超大作でハリウッドデビュー!菊地凛子と共演『パシフィック・リム』
映画『パシフィック・リム』は、太平洋(パシフィック)の深海から突如出現し、地球を絶滅の危機に陥れる未知なる巨大生命体と、人類の英知を結集し生み出された人型巨大兵器“イェーガー”との壮絶な戦いを、ハリウッド最先端のVFXを駆使して描いたSFスペクタクル超大作。監督は日本のアニメや特撮文化に精通し、世界中で熱狂的な支持を集めるギレルモ・デル・トロ(『パンズ・ラビリンス』『ヘルボーイ』シリーズ)。人型巨大兵器のパイロット役で、菊地凛子が主要キャストの一人として出演しているのも注目ポイント。

本作でハリウッド・デビューを飾った芦田は、「海外のお仕事が決まったとき、すごくうれしくてワクワクしました。英語がわからないので少し不安な気持ちにもなったんですけど、監督さんにお会いしたとき「トトロって呼んでね」とやさしく笑いかけてくれてとても嬉しかったです」とコメント。

撮影は、2012年4月から約2週間、トロントで行われており、芦田は走りまわるシーンを30回以上テイクを重ね、本人から嗚咽がでるほど全力で役と向き合い演技に没頭。監督から身振り手振りで演技指導を受けたという芦田は、「見えないものを見えるように、お芝居しながら逃げたり泣いたりすることが、とても難しかったんですが、一生懸命、役を演じました。是非皆さん観て下さい」とメッセージを寄せている。

撮影では、同じ日本キャストの菊地凛子も、自分の撮影がない日に芦田を応援するため現場を訪れ、エールを送るなど交流を深めていたという。

『パシフィック・リム』
監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:トラビス・ビーチャム
キャスト:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン他
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

2013年夏 丸の内ピカデリー他 3D/2D同時公開
2012年12月14日
『パシフィック・リム』
2013年8月9日(金)新宿ピカデリー 丸の内ピカデリー他 3D/2D同時公開
公式サイト:http://pacificrim.jp