ニュース&レポート

ハリウッドNo.1の日本オタク、ギレルモ・デル・トロ監督の来日が決定!

パシフィック・リム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
巨大生命体と人型巨大兵器の壮絶な戦いを描いたSFスペクタクル超大作『パシフィック・リム』。8月9日の公開を前に、7月27日、ギレルモ・デル・トロ監督と菊地凛子の来日が決定。28日に行われるジャパンプレミアに出席することがわかった。
ハリウッドNo.1の日本オタク、ギレルモ・デル・トロ監督の来日が決定!

メキシコ出身で、スパニッシュ文化圏からハリウッドに参戦した映画監督、ギレルモ・デル・トロ。『ヘルボーイ』や『パンズラビリンス』などヒット作を世に送り出し、世界中で多くの熱狂的ファンを持つギレルモ監督は、幼少期にテレビを通じて日本のアニメや特撮作品本編に慣れ親み、宮崎駿や押井守、大友克洋、高畑勲、樋口真嗣など多くの日本人クリエイターとの親交も深い、<ハリウッドNo.1の日本オタク>。

ハリウッドNo.1の日本オタク、ギレルモ・デル・トロ監督の来日が決定!
最新作『パシフィック・リム』では、地球を絶滅の危機に陥れる巨大生命体を“KAIJU“と命名。“KAIJU“と闘う人型巨大兵器“イェーガー”のパイロットに菊地凛子を起用し、その幼少期に芦田愛菜を抜擢。さらには、日本版ポスターで日本の特撮映画に欠かすことのできない“東京タワー”、劇場のバナーでは日本の新しいシンボルである“東京スカイツリー”を使用するなど、日本の特撮ファンを熱狂させてやまない。


そんなギレルモ監督がこの度、幼少期からの夢を、途方もないビッグスケールで映画化し遂に完成をさせた『パシフィック・リム』を携え、菊地凛子とともに来日することが決定した。ギレルモ監督が来日するのは5年ぶりで、2008年に来日した際にはスーツケース11個分の日本のおもちゃを買って帰ったというエピソードを持っており、今回の来日では誰と会い、何を購入するのか、その動向も気になるところだ。

ギレルモ監督と菊地凛子は、7月27日に来日。28日には芦田愛菜とともに、都内で行われるジャパンプレミアに出席する。

ジャパンプレミア レッドカーペットイベントにご招待!
2013年7月8日
『パシフィック・リム』
2013年8月9日(金)新宿ピカデリー 丸の内ピカデリー他 3D/2D同時公開
公式サイト:http://pacificrim.jp