ニュース&レポート

綾波レイ&アムロ&シャア&シュワが共演!?『パシフィック・リム』日本語吹替に豪華声優陣が参加!

パシフィック・リム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ギレルモ・デル・トロ監督によるSFスペクタクル超大作『パシフィック・リム』。主人公の日本語吹替えを担当する杉田智和に続き、林原めぐみ、古谷徹、池田秀一、玄田哲章、三ツ矢雄二、千葉繁、浪川大輔ら名だたる声優陣の参加が発表された。
綾波レイ&アムロ&シャア&シュワが共演!?『パシフィック・リム』日本語吹替に豪華声優陣が参加!
映画『パシフィック・リム』は、太平洋(パシフィック)の深海から突如出現し、地球を絶滅の危機に陥れる未知なる巨大生命体と、人類の英知を結集し生み出された人型巨大兵器“イェーガー”との壮絶な戦いを、ハリウッド最先端のVFXを駆使して描いたSFスペクタクル超大作。

監督のギレルモ・デル・トロはメキシコで過ごした幼少期に、テレビを通じて日本のアニメや特撮作品本編に慣れ親しんだとされ、本作に登場する巨大生命体(モンスター)を“怪獣“と呼ぶだけでなく、菊地凛子、芦田愛菜ら日本人俳優を起用するなど、日本へのリスペクト、そして深い愛情(愛着)をもってやまない。さらに監督は、世界で一番影響を受けたクリエイターは宮崎駿と語り、押井守や大友克洋、高畑勲、樋口真嗣など多くの日本人クリエイター達との親交も深いだけでなく、2008年に来日した際には、なんとスーツケース11個分の日本のおもちゃを買って帰ったというエピソードを持つ、正真正銘の<ハリウッドNo.1の日本オタク>。

そんな日本を愛してやまない監督がメガホンを取る本作では、主人公の日本語吹替えを、人気アニメ「銀魂」の杉田智和が担当することが話題となったが、今回さらに『新世紀エヴァンゲリオン』綾波レイ役の林原めぐみ、『機動戦士ガンダム』アムロ役の古谷徹とシャア役の池田秀一をはじめとする、日本のアニメ界を代表する豪華声優陣の参加が明らかになった。

各声優陣の担当は、以下のとおり。

『パシフィック・リム』日本語吹替キャスト
■ローリー・ベケット(チャーリー・ハナム):杉田智和
「銀魂」坂田銀時役、「ジョジョの奇妙な冒険」ジョセフ・ジョースター役、などを担当

■マコ・モリ(菊地凛子):林原めぐみ(写真:左下)
「新世紀エヴァンゲリオン」綾波レイ役、「らんま1/2」女らんま役、「名探偵コナン」灰原哀役などを担当

■スタッカー・ペントコスト(イドリス・エルバ):玄田哲章
「トランスフォーマー」オプティマス・プライム役、A・シュワルツネッガー日本語吹き替えなどを担当

■Dr.ニュート・ゲイズラー(チャーリー・デイ):古谷徹(写真:左上)
「機動戦士ガンダム」アムロ役、「巨人の星」星飛雄馬役、「美少女戦士セーラームーン」タキシード仮面などを担当

■Dr.ハーマン・ゴッドリーブ:三ツ矢雄二(写真:右下)
「超電磁ロボ コン・バトラーV」でデビューにして主役葵豹馬に抜擢、「タッチ」上杉達也役、「バック・トゥー・ザ・フィーチャ」シリーズの吹き替えなどを担当

■ハーク・ハンセン(マックス・マーティーニ):池田秀一
「機動戦士ガンダム」シャア役、「ONE PIECE」シャンクス役、「るろうに剣心」比古清十郎役などを担当

■テンドー・チョイ:千葉繁
「北斗の拳」のナレーターを担当。「機動警察パトレイバー」シバシゲオ役、「ハイスクール奇面組」一堂零役などを担当

■チャック・ハンセン(ロブ・カジンスキー):浪川大輔(写真:右上)
「君に届け」風早翔太役、「ルパン三世 東方見聞録」の石川五ェ門役、「機動戦士ガンダUC」リディ・マーケナス役を担当
2013年6月19日
『パシフィック・リム』
2013年8月9日(金)新宿ピカデリー 丸の内ピカデリー他 3D/2D同時公開
公式サイト:http://pacificrim.jp