ニュース&レポート

『パディントン』続編製作が決定!今度の敵役はヒュー・グラント

パディントン2(原題)

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
全世界で大ヒットを記録し、日本でも今年の1月に公開された映画『パディントン』の続編が、イギリスでクランクインしたことが発表された。続編にはヒュー・グラントが参加し、日本では2018年に公開される。
『パディントン』続編製作が決定!今度の敵役はヒュー・グラント

世界40ヶ国語で翻訳、全世界3,500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説「パディントン」シリーズを初めて実写映画化した前作『パディントン』。本国イギリスでは『アナと雪の女王』を超えるオープニング成績を記録し、アメリカをはじめ全世界で320億円を超える大ヒットを記録、今年1月に公開された日本でも、興収8億円のヒット作となった。

前作でニコール・キッドマン演じるミリセントに命を狙われたパディントンだったが、続編でまたしても身の危険にさらされてしまう。今作でパディントンを狙う敵役、フェニックス・ブキャナンを演じるのは、英国の人気俳優、ヒュー・グラント。ブキャナンは虚栄心が強く、チャーミングで、かつては人気だったが最近は落ち目の俳優という役柄。また、パディントンの新たな仲間になる伝説的な怪力男“ナックル”マギンティ役には、アイルランドの演技派俳優、ブレンダン・グリーソン。

前作同様に、パディントンの声を担当するのは、『007 スペクター』のベン・ウィショー。ブラウン一家役も、「ダウントン・アビー」の英国伯爵グランサム役で日本でもおなじみのヒュー・ボネヴィル、 『ブルージャスミン』のサリー・ホーキンスを始め、全員が前作に続いて再結集する。

『パディントン2(原題)』は 2017年11月10日にイギリスを皮切りに世界公開することが決定。日本の公開は、2018年を予定している。

監督:ポール・キング コメント

パディントンの世界に戻って来られたのは素晴らしい歓びです。彼の初めての映画が世界中の観客に温かく受け入れられたことはとてつもない喜びであり、ヒューとブレンダンがパディントンの次なる冒険に参加してくれることに、これ以上ないほどワクワクしています。 彼らと共に、この類稀なクマたちにふさわしい映画を作りたいです。

プロデューサー:デヴィッド・ハイマン コメント

素晴らしいポール・キング監督のもと、再び、温かく受け入れられたくまのパディントンの世界に戻れることにワクワクしている。そしてヒューとブレンダンという素晴らしいキャストを迎えることができて、とても嬉しい。
2016年10月20日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加