ニュース&レポート

『パディントン』吹替えに木村佳乃、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめが参戦

パディントン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1月15日(金)公開の映画『パディントン』の新ポスタービジュアルが到着。パディントンの吹替えを担当する松坂桃李に続き、木村佳乃、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめがボイスキャストとして参加することも発表された。
『パディントン』吹替えに木村佳乃、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめが参戦

新ポスタービジュアルは、愛らしくスーツケースにちょこっと座るモフモフのパディントンの背景に、ブラウン一家や謎の美女ミリセントら登場人物が絵画的に飾られたデザイン。

本作でパディントンをつけ狙う謎の美女・ミリセントを演じたのは、ニコール・キッドマン。その吹き替えを担当した木村は、「小さい頃から大好きだった『パディントン』実写化されると聞いて、これは絶対にやらせていただきたい!と思いました」とすぐに快諾。これまで『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』『ジュラシック・ワールド』の吹き替えを担当してきたが、今回は「彼女が表現したお芝居を日本語でいかにわかりやすく声だけで表現していくかに気を配って演じました」と語り、「美術がとてもきれいな映画で、ブラウンさん一家のセットが本当に素晴らしいです!それから、(ブラウンさん一家の隣人の)カリーさんが登場するシーンはコミカルでお気に入りです」とコメントを寄せている。

ペルーのジャングルからロンドンのパディントン駅にやってきた小さな紳士(くま)が、ブラウン一家に出会い、“パディントン”と名づけられ、共に暮しながら巻き起こる冒険を描いた本作。ブラウン一家の家主として心配性で家族思い、問題を起こすパディントンを最初は煙たがっていたお父さん・ブラウンさん(ヒュー・ボネヴィル)の吹き替えを担当する古田は、「声優の仕事は好きなので、二つ返事で「やらせてください」と引き受けました。洋画の吹き替えはあまり経験がないので楽しくやれました」というも「ブレスとか呼吸の位置が非常に独特な俳優さんだったのでちょっと難しかったですが、面白かったです」と、少し苦戦(?)しつつ楽しみながらアフレコに参加したことを明かし、「ご夫婦やお父さん世代の方がお一人で観ても楽しめる映画なので、ぜひ楽しんでください」とメッセージ。

冒険物語の挿絵画家で優しいお母さん・ブラウン夫人(サリー・ホーキンス)を担当した斉藤由貴は、「吹き替えをするのはものすごく久しぶりなので、ちゃんとできるかなぁとすごく心配でした」とオファー時の心境を語り、「家の中のインテリアのしつらえなどもとてもセンスのよさが滲み出るもので、そういう女性の吹き替えができたのはとても嬉しかったです」。また「映画の中のドールハウスが本当によく出来ていて、隅々までじっくり観てしまうくらいでした(笑)。皆さんもぜひご注目ください」とコメントが届いた。

反抗期で「キモい」が口癖だけどしっかり者の勉強家の娘・ジュディ(マデリン・ハリス)を担当した三戸なつめ。「とてもやってみたかった仕事でしたし、しかも小さい頃から見ていた大好きなパディントンの映画化だったのですごく嬉しかったです」と語る三戸は、本作で吹き替えに初挑戦。「セリフをいうタイミングだったり、イントネーションが難しかったです。ジュディが中学生だったのでいつもより高い声でセリフを言ったり子供らしさを大事にしました」と苦悩して挑んだことを明かした。また、ジュディはパディントンからクマ語を教わり堪能に。「私のクマ語も是非聞いてください!^ ^」とコメントし、見どころのひとつになりそうだ。
2015年11月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『パディントン』
2016年1月15日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://paddington-movie.jp