ニュース&レポート

松田聖子 新曲が映画『PAN』主題歌に!松本隆×呉田軽穂×松任谷正隆の強力タッグ

PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
10月31日公開の『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』の日本語吹替版主題歌が、松田聖子の「永遠のもっと果てまで」に決定。この楽曲を使用した予告編が公式サイトにて解禁となった。
松田聖子 新曲が映画『PAN』主題歌に!松本隆×呉田軽穂×松任谷正隆の強力タッグ

本予告には、空飛ぶ海賊船と共に映る景色やネバーランドの様々な風景から、本作の幻想的で美しく壮大な世界観がみてとれる。そして今回の映像で注目してほしいのは、なんといってもその美しい世界で繰り広げられる人間ドラマだ。少年ピーターが仲間との出会いや絆、目の前に立ちはだかる敵との闘いをとおして、”いちばんの魔法は信じるきもち”ということを学び、成長していく姿が描かれている。

今回の主題歌は、松田にとって初の洋画楽曲であり、デビュー35周年という年に特別に企画された《作詞:松本隆/作曲:呉田軽穂/編曲:松任谷正隆》という奇跡のコラボレーション楽曲(作曲の呉田軽穂は、松任谷由実が作詞家、作曲家として他アーティストへ楽曲提供する際に使用するペンネーム)。この作家陣での新曲は、じつに1984年2月1日発売のSingle『Rock’n Rouge』以来31年ぶりとなる。

松田は、本作の日本語吹替版主題歌に決定した心境を「物語の素晴らしさ、そして映像の美しさにとても感動しました。ピーターが仲間や家族を信じて頑張る姿に胸がいっぱいになりました。一番の魔法は信じる気持ちなんだなあという事が、この映画を観て本当に分かりました。私もこの素晴らしい映画の一部になる事が出来て本当に幸せです」と、コメントしている。

配給元のワーナー・ブラザースは、「原作では永遠の少年であるピーター・パン。松田聖子さんもデビュー当時から変わらない人気と歌声を持ちながら活躍されている姿を見て、本作の主題歌を担当するに最もふさわしいと思い依頼しました」と運命的な起用となったことを明かした。さらに「<あなたへと伝えたい この涙の重さを>に代表される作品の感動を広げる素晴らしい歌詞、「永遠のもっと果てまで」という主題歌タイトルは作品の世界観にぴったりと合っております。是非、作品と合わせて主題歌でも感動頂けたらと思っております」とコメントした。

公開前の10月1日(木)は、ヒュー・ジャックマン(黒ひげ役)、リーヴァイ・ミラー(ピーター役)、ジョー・ライト監督が来日するジャパンプレミアに松田も参加することとなり、日米豪華キャストが対面も決定。

ヒュー・ジャックマンからは「日本で大変有名な歌手、松田聖子さんが『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』日本語吹替版に主題歌を提供してくださったと聞いて、とても嬉しく思います!ありがとうございます」と松田への熱いメッセージ。また初来日となるリーヴァイ・ミラーからは「ぼくもヒューも松田さんに日本でお会いして、一緒にこの映画の宣伝ができるのを楽しみにしています!」とコメントが届いている。


2015年9月15日
『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』
2015年10月31日(土) 3D/2D 字幕版/吹替版 全国ロードショー
公式サイト:http://www.pan-movie.jp