ニュース&レポート

3Dストップモーション・アニメ『パラノーマン』制作の舞台裏に迫る! 3分特別映像が到着!

パラノーマン ブライス・ホローの謎

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
本年度アカデミー賞にノミネートされている3Dストップモーション・アニメ『パラノーマン ブライス・ホローの謎』。本作の制作舞台裏に迫った3分間の特別映像が到着した。
3Dストップモーション・アニメ『パラノーマン』制作の舞台裏に迫る! 3分特別映像が到着!
映画『パラノーマン ブライス・ホローの謎』は、 死者と話せる少年(パラノーマン)が、300年前に封印された町(ブライス・ホロー)の秘密を解き明かす物語で、日本でもスマッシュヒットを記録した『コララインとボタンの魔女』を手掛けた製作会社ライカ・エンターテインメントが、構想10年、制作期間3年を費やして完成させた3Dストップモーション・アニメ。

すでにニューヨーク映画批評家協会賞をはじめ、ボストン、ラスベガス、ワシントンDCなどの映画批評家協会賞でも最優秀アニメーション映画賞などの賞を受賞しているほか、アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる第40回アニー賞では、キャラクター・デザイン賞、キャラクター・アニメーション賞を受賞。さらに、第85回アカデミー賞長編アニメーション映画賞にもノミネートされるなど、ディズニーやピクサーの名だたる作品と並び注目を集めている。

本作の制作の舞台裏に迫る3分間の映像では、177万601コマという膨大なコマ数を撮影し、ひとつひとつのシーンを丁寧に作りあげている現場の様子や、キャラクターになめらかな動きを与えるために採用された“置き換えアニメ”というライカ独特の手法について紹介。さらに、ストップモーション・アニメでは初めて使用された“3Dカラープリンター”によるキャラクター制作風景や、その全てに愛情と手間をかけたというセットや小道具へのこだわりなど、アニメーターたちの地道な努力と高い技術力を垣間見ることができ、本年度の映画賞レースで注目されている本作をさらに深くまで掘り下げ楽しむことができる。

↓特別映像はコチラ↓
2013年2月15日
『パラノーマン ブライス・ホローの謎』
2013年3月29日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー
公式サイト:http://paranorman.jp/