ニュース&レポート

ポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』ティザービジュアル&30秒予告編が解禁

パラサイト 半地下の家族

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
第72回カンヌ国際映画祭 最高賞パルムドール受賞 、 ポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』(2020年1月公開)のティザービジュアル&30秒予告編が解禁された。
ポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』ティザービジュアル&30秒予告編が解禁
全員失業中、“半地下”住宅で暮らす貧しいキム一家。長男ギウは、ひょんなことからIT企業を経営する超裕福なパク氏の家へ家庭教師の面接を受けに行くことになる。そして、兄に続き、妹ギジョンも豪邸に足を踏み入れるが…。この相反する2つの家族の出会いは、次第に想像を遥かに超える悲喜劇へと加速していく――。

カンヌ国際映画祭では上映中から異例の熱狂ぶりをみせ、審査員満場一致で【最高賞】パルムドールに輝いた『パラサイト 半地下の家族』。タランティーノ、ジャームッシュら名匠の話題作を抑え、韓国映画として初の同賞受賞という歴史的快挙を成し遂げた。

メガホンを取ったのは『殺人の追憶』『グエムル 漢江の怪物 』など、世界がその才能を絶賛する若き巨匠ポン・ジュノ。本作では、ユーモア、サスペンス、アクション…映画のすべての要素を完璧に融合させながら、いま世界が直面している貧富格差への痛烈な批判をも内包した、超一級のエンターテインメント作品として描き切った。

解禁されたティザービジュアルは、モダンな豪邸の庭に佇む全員に「目線隠し」が施されたもの。一見、見分けがつかない「貧しい家族」と「裕福な家族」がどのように交差していくのか、その後の展開に期待が膨らむものとなった。

また併せて解禁となった30秒予告では、薄暗い“半地下”の家で暮らす貧しい兄妹が、家庭教師として豪邸に足を踏み入れていく姿から一転、それだけにとどまらず「ただならぬ計画」を企んでいるかのような 展開を予感させる。一体、この家族は何を巻き起こすのか!?

2019年8月30日