ニュース&レポート

アヌシー映画祭で注目度No.1!「イヴの時間」吉浦監督最新作『サカサマのパテマ』特報映像が公開

サカサマのパテマ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『イヴの時間 劇場版』の公開から3年強。吉浦康裕監督の最新作、『サカサマのパテマ』が、角川シネマ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷他で11月9日(土)より劇場公開されることが決定し、特報映像が公開された。
アヌシー映画祭で注目度No.1!「イヴの時間」吉浦監督最新作『サカサマのパテマ』特報映像が公開

夜明け直前の“空”を見上げる少年、エイジ。 彼の住むアイガでは、「かつて、多くの罪びとが空に落ちた」と“空”を忌み嫌う世界であった。そこに、突然現れた“サカサマの少女”。彼女は、必死にフェンスにしがみつき、今にも“空”に落ちそうである。彼女の名前はパテマ。地下世界から降ってきた。彼女を助けようと、エイジがパテマの手を握った時、体がふっと軽くなり二人は空に浮かびあがる。落下する恐怖に慄くパテマと、想像を超える体験に驚愕するエイジ。二人は未だ知るまでもないが、この奇妙な出会いは、封じられた<真逆の世界>の謎を解く禁断の事件であった。その頃、アイガの君主イザムラの元には、「サカサマ人」があらわれたとの報告が届く。イザムラは治安警察のジャクに命じ、「サカサマ人」を捕獲するよう命じるのだった…。

吉浦康裕監督の最新作『サカサマのパテマ』で描かれるのは、吉浦監督を始めとしたアニメーションスタッフが練りこんだ、誰も見たことのない驚愕の「真逆の世界」。

6月10日(月)から始まった アヌシー国際アニメーション映画祭では、6月13日(木)・14日(金)と2回上映されるが、現地からは、「発売開始から数時間で完売、どの作品より一番早く売り切れた」との驚きをもった第一報が届き、『サカサマのパテマ』や吉浦監督への期待が日本のみならず、フランス、世界でも高いことが窺える。

このアヌシー映画祭上映を記念して、昨年配信された映画本編の序章にあたる始まりの1日を描いた「サカサマのパテマ Beginning of the Day」が、ニコニコ動画、GyaO!で再度配信開始(近日、J:COM オン デマンドでも配信開始)されることも決定している。(※配信情報の続報は、公式HPページにてご確認ください。)


↓『サカサマのパテマ』特報映像はコチラ↓


『サカサマのパテマ』
11月9日(土)全国劇場公開
原作・脚本・監督 : 吉浦康裕
音楽:大島ミチル
配給:アスミック・エース
http://www.patema.jp
(c)Yasuhiro YOSHIURA/Sakasama Film Committee 2013
2013年6月13日
『サカサマのパテマ』
2013年11月9日(土) 全国劇場公開
公式サイト:http://www.patema.jp