ニュース&レポート

トビー・マグワイア主演、伝説の天才チェスプレイヤー描く最新作『完全なるチェックメイト』が12月公開

完全なるチェックメイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
トビー・マグワイア主演、伝説の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーが挑む<世紀のチェスマッチ>の真相に迫る映画『PAWN SACRIFICE』の邦題が『完全なるチェックメイト』となり、12月25日(金)に公開が決まった。
トビー・マグワイア主演、伝説の天才チェスプレイヤー描く最新作『完全なるチェックメイト』が12月公開
米ソが世界を二分していた冷戦時代。1972年にアイスランドのレイキャビクで開催されたチェスの世界王者決定戦は、両国の威信をかけた“知”の代理戦争として世界中の注目を集めていた。タイトルを34年間保持してきたソ連への挑戦権を獲得したのは、アメリカの若きチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャー。IQ187を誇る天才で、15歳にして最年少グランドマスターとなった輝かしい経歴の持ち主だが、その思考は突飛で、行動は制御不能。謙虚さのカケラもない自信家で、自分の主張が通らないと大事なゲームすら放棄する。

そんな、モーツァルトにたとえられる奇行の天才が相対するのは、最強の王者、ソ連のボリス・スパスキー。対局一局目、スパスキーに完敗するフィッシャー。残り二十三局、絶対不利と見られたフィッシャーは極限状態の中、常軌を逸した戦略をうちたてる―。二大国家の大統領もフィクサーとして影で動いたと言われる、歴史を揺るがす世紀の一戦で生まれた、今尚語り継がれる<神の一手>の真実が明かされる─!

本作は、米ソ冷戦時代、わずか15歳にして全米チャンピオンとなった実在の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーが、チェス最強国ロシアの絶対王者ボリス・スパスキーに挑んだ、国家の威信をかけた世紀の一局を描いた物語。

主演のトビー・マグワイアは、絶対的な才能を持ちながらも、時に理解され難い奇行を繰り返し変人と言われた主人公ボビー・フィッシャーを怪演、本作では製作も務めている。監督は『ラスト サムライ』や『ブラッド・ダイヤモンド』で知られる名匠エドワード・ズウィック。当時世界中の注目を一挙に集めたアメリカとソ連の“世紀の対決”“を重厚かつスリリングに描く。

『完全なるチェックメイト』
監督:エドワード・ズウィック
出演:トビー・マグワイア、ピーター・サースガード、リーヴ・シュレイバー
原題:PAWN SACRIFICE
配給:ギャガ
(c) 2014 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. Photo Credit: Tony Rivetti Jr.

12月25日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国順次ロードショー
2015年10月16日
『完全なるチェックメイト』
2015年12月25日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国順次ロードショー
公式サイト:http://gaga.ne.jp/checkmate/