ニュース&レポート

一青窈、映画『ペコロスの母に会いに行く』主題歌を書き下ろし

ペコロスの母に会いに行く

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
長崎を舞台に、グループホームで暮らす89歳の認知症の母親とのおかしくも切ない日常を描いた映画『ペコロスの母に会いに行く』。本作の主題歌が、一青窈の書き下ろしによる「霞道(かすみじ)」に決定した。
一青窈、『ペコロスの母に会いに行く』主題歌を書き下ろし

11月より全国公開される映画『ペコロスの母に会いに行く』は、現役最高齢監督となる森崎東がメガホンをとった親子のドラマで、原作は、62歳にして漫画家デビューを果たした岡野雄一による同名漫画。2012年1月に自費出版され、5月にFacebook上に応援ページが開設されると同時に一気に注目が集まり映画化が決定。同年7月には西日本新聞社からも出版され、現在16万部を突破するベストセラーとなっている。
  
主人公・ゆういち役には長崎出身の岩松了。ゆういちの母・みつえ役には赤木春恵。W主演の二人は本作で初主演を果たし、赤木は89歳にして本作が最高齢初主演作品となる。また、原田貴和子、加瀬亮、竹中直人らといった豪華キャストも脇を固めている。

今回のコラボレーションは「母親を見つめる息子のまなざしに寄り添い、包み込むような温もりを伝えられるのは一青窈しかいない!」というプロデューサーの熱い思いにより、一青窈が主題歌「霞道(かすみじ)」を書き下ろした。同曲は、霞がかった道を母親の車椅子を押して進む息子の姿、そして二人の進む先を明るく照らしだすような仕上がりになっている。

■一青窈コメント
詩を書くにあたって 頭の中で長崎を旅しました。 
眼鏡橋の下をのぞいたり ねずみ島(現皇后島)まで泳ぎに行きました。

母の記憶はその家の日記です。私はペコロスさんのお母さんが教えてくれる 
長崎がもつ空気、歴史を体験して 一緒に涙を流し、ランタン祭りを楽しみました。

幼き頃、寝かしつけてくれた母親の布団を 大きくなった息子が掛け直すような 
そういう優しさを感じる映画です。

いつまでも色のあせない 思い出を紐解いている母  まだ朱夏の中にいる母、 
あなたにまだ見せたいものがまだまだあると ペコロスさんはその車いすを押す。

すべての母と子どもに観て欲しい映画です。 
早くおうちにかえって 大事なだいじな宝もの、お話しを聞きに帰りたくなるでしょう。

生き抜くために必要な強さ、しなやかさをこの映画から学びました。
素晴らしい映画に関わる事が出来てとても幸せです。

ありがとう御座いました。
2013年6月6日
『ペコロスの母に会いに行く』
2013年11月9日(土)長崎県先行上映、11月16日(土)より全国公開
公式サイト:http://www.pecoross.jp/